100以上の講演「eラーニングアワード2018フォーラム」11/14-16

 eラーニングの祭典「eラーニングアワード2018フォーラム」が、2018年11月14日から16日に開催される。御茶ノ水ソラシティを会場に、日本e-Learning大賞表彰式や約20社の展示ブースのほか、企業や大学、著名人が100以上の講演を実施。

教育業界ニュース イベント・セミナー
eラーニングアワード2018フォーラム
  • eラーニングアワード2018フォーラム
  • eラーニングアワード2018フォーラムの14日スケジュール(一部)
 eラーニングの祭典「eラーニングアワード2018フォーラム」が、2018年11月14日から16日に開催される。御茶ノ水ソラシティを会場に、日本e-Learning大賞表彰式や約20社の展示ブースのほか、企業や大学、著名人が100以上の講演を実施。事前予約により、無料で入場・聴講できる。

 eラーニングアワードは、eラーニング業界を盛り立てるイベントとして2011年より開催。日本e-Learning大賞の表彰式、講演、展示ブースがあり、いずれも申込みをすることで無料で入場できる。2017年度は3日間でのべ10,000名を超える聴講者数を記録したという。

 2018年度は11月14日から16日の日程で開催。期間中は日本e-Learning大賞の受賞者表彰のほか、COMPASSや凸版印刷、Z会、デジタル・ナレッジらによる「学習履歴の分析・可視化」、文部科学省による基調講演「教育情報化の最新動向と今後の展望」、ベネッセホールディングスとベネッセ教育総合研究所による特別講演「AI社会とSTEM教育」、CA Tech Kidsやヒューマンアカデミー、文部科学省による「2020年目前!プログラミング教育の最前線」、遊びと学び研究所や楽天らによる「学びの場へのゲーミフィケーション活用法」など、多彩なテーマの講演・セミナーが実施される。

 展示ブースでは、アルゴやKIYOラーニング、内田洋行、Digikaなどが製品・サービスの紹介を行う。事前予約により、さまざまな特典を受けることができる。

 事前予約はWebサイトから行う。各日のプログラム・セミナーについては、2018フォーラムのWebサイトから確認できる。すでに満席となっている講演でも、当日の開始5分ほど前にスペースに余裕があれば入場できる(立ち見の可能性あり)という。当日受付による入場も可能だが、入場料として1,000円が必要。

◆eラーニングアワード2018フォーラム
日時:2018年11月14日(水)~16日(金)9:00~18:00
会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター(東京都千代田区神田駿河台4-6)
予約方法:2018フォーラムのWebサイトから申し込む
入場料:事前予約をすると無料、当日受付の場合は1,000円
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)