中学生専門オンライン塾「ゆめのば」定員超過、5,000名まで受入れ拡大

 alinksが運営する中学生専門オンライン塾「ゆめのば」は、2018年11月1日の開校に向け10月1日に1,000名限定で第一期塾生の募集を開始した。その結果、わずか9日間で1,000名を達成、10月19日には2,000名を突破したため、キャパシティを5,000名まで拡大する。

教育・受験 中学生
「ゆめのば」講師を務める3人の現役塾経営者
  • 「ゆめのば」講師を務める3人の現役塾経営者
  • 中学生専門オンライン塾「ゆめのば」
 alinksが運営する中学生専門オンライン塾「ゆめのば」は、2018年11月1日の開校に向け10月1日に1,000名限定で第一期塾生の募集を開始した。その結果、わずか9日間で1,000名を達成、10月19日には2,000名を突破したため、キャパシティを5,000名まで拡大する。

 「ゆめのば」は、11月1日に開校予定の中学生専門オンライン塾。日本全国の教育格差をなくすことを目的として、家庭環境などが原因で勉強したくても諦めざるを得ない子どもたちに中学3年間、完全無料で授業コンテンツを提供する。

 講師は、現在も教壇に立ち日々生徒を指導する3人の現役塾経営者が務める。20年近い生徒指導の経験をコンテンツにすべて詰め込み、「今までの人生においてイチバン努力したという実感を味わうための受験」という考えを根幹に指導を行う。週に数回、ストリーミング配信にて「生ライブ授業」を実施し、リアルタイムで勉強のほか、効果的な勉強方法や人生において大切なことなど、生徒との距離を少しでも縮めてモチベーションを維持できるような内容を提供するという。

 開校に向け、10月1日に1,000名限定で第一期塾生の募集を開始したところ、わずか9日間で1,000名を達成、10月19日には2,000名を突破した。そのため現在、WEBサイトの最終校正や再構築、授業コンテンツのチェックを行っており、サーバーも1,000名のキャパシティから5,000名まで対応可能にした。

 LINE@のアカウント「ゆめのば公式LINE@」に登録することで優先入塾が可能。現在はおもにFacebookの広告を通じてLINE@に仮登録が行われており、10月末には保護者のLINEに本登録の案内を送付予定。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)