4技能評価を考える「ELPA英語教育フォーラム2018」11/17

 英語運用能力評価協会(ELPA)は2018年11月17日に、「ELPA英語教育フォーラム2018」を開催する。受講料は会員無料、一般2,000円、大学生・大学院生1,000円。

教育イベント 先生
英語運用能力評価協会(ELPA)
  • 英語運用能力評価協会(ELPA)
  • ELPA英語教育フォーラム2018「「英語テスト」どうする?どうなる?~入試・4技能(パフォーマンス評価)・授業-指導と評価を考える~」フライヤー
 英語運用能力評価協会(ELPA)は2018年11月17日に、「ELPA英語教育フォーラム2018」を開催する。受講料は会員無料、一般2,000円、大学生・大学院生1,000円。

 「ELPA英語教育フォーラム2018」は、「『英語テスト』どうする?どうなる?~入試・4技能(パフォーマンス評価)・授業-指導と評価を考える~」をテーマに、2018年11月17日の13時から17時まで開催予定。

 3つの講演とディスカッションの時間が設けられている。講演は上智大学教授の渡部良典氏による「入試、教育、英語指導~学びを育む学習評価」、法政大学教授の飯野厚氏による「スピーキングテストを活かした授業実践~音読・シャドーイング・スピーキングを結びつける指導」、清泉女学院短期大学教授の中村洋一氏による「英語教育の今後の課題」が予定されている。

 大学入試における英語4技能重視の傾向や、高等学校までの評価においてもスピーキングやライティングの力が重視されつつある現在、その評価のあり方が今後の英語教育においてどのような効果をもたらすのか、どのように取り組めばよい効果があらわれるのか、有識者による講演と実践例の紹介を通して共に考える機会となっている。

 おもな対象は中学校・高等学校教師、大学教職員、英語教育関係者。登壇者とのディスカッションは会の後半に予定されている。定員は60名。Webサイトの専用申込みフォームまたはFAXのいずれかで申し込む。

◆ELPA英語教育フォーラム2018「『英語テスト』どうする?どうなる?~入試・4技能(パフォーマンス評価)・授業-指導と評価を考える~」
日時:2018年11月17日(土)13:00~17:00
場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター 4階カンファレンスルーム4D(東京都新宿区市谷八幡町8番地)
主催:英語運用能力評価協会(ELPA)
申込方法:Webサイトの申込みフォームまたはFAX
おもな対象:中学校・高等学校教師、大学教職員、英語教育関係者
定員:60名 
受講料:ELPA会員無料/一般2,000円/大学生・大学院生1,000円
<プログラム>
13:00~13:05 オープニング(主旨説明)白戸治久氏(ELPA事務局長)
13:05~14:15 講演「入試、教育、英語指導-学びを育む学習評価」渡部良典氏(上智大学教授)
14:20~15:10 講演「スピーキングテストを活かした授業実践-音読・シャドーイング・スピーキングを結びつける指導」飯野厚氏(法政大学教授)
15:10~16:00 講演「英語教育の今後の課題~Standard SettingとActive Learning~」中村洋一氏(清泉女学院短期大学教授)
16:10~16:50 ディスカッション・質疑応答・情報交換
《野口雅乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)