200以上の演奏会、親子で楽しめる「東京・春・音楽祭2019」3/15-4/14

 桜咲く春の上野を舞台にしたクラシック音楽の祭典「東京・春・音楽祭2019」が2019年3月15日から4月14日まで開催される。国内外一流アーティストによるオペラ、オーケストラ、室内楽、無料のミニ・コンサートなど200を超える過去最大規模の公演を披露する。

趣味・娯楽 未就学児
東京・春・音楽祭
  • 東京・春・音楽祭
  • 「東京・春・音楽祭2019」公演一覧表
  • 「東京・春・音楽祭2019」公演一覧表
  • 「東京・春・音楽祭2019」公演一覧表
  • 東京・春・音楽祭
 桜咲く春の上野を舞台にしたクラシック音楽の祭典「東京・春・音楽祭2019」が2019年3月15日から4月14日まで開催される。国内外一流アーティストによるオペラ、オーケストラ、室内楽、無料のミニ・コンサートなど200を超える過去最大規模の公演を披露する。

 「東京・春・音楽祭」は、街が桜色に染まり、花吹雪となり散っていくまでの間、躍る心をクラシック音楽で祝いたいという思いから2005年より開始されたクラシック音楽の祭典。15回目の節目を迎える2019年は、東京文化会館、各美術館・博物館など上野公園の各施設を拠点に、200以上の演奏会を開催する。

 イベントでは、世界的なイタリア人指揮者リッカルド・ムーティによる「イタリア・オペラ・アカデミー in 東京」を初開催するほか、アニバーサリー・イヤーを祝う「The 15th Anniversary Gala Concert」やオーケストラの指揮者体験ができる「Conduct Us」、上野の文化施設や近隣施設で無料のミニ・コンサートが楽しめる「桜の街の音楽会」、夜の博物館での「<ナイトミュージアム>コンサート」なども実施する。

 子ども向けのプログラム「東京春祭 for Kids」では、ドイツ・バイロイト音楽祭との提携で「子どものためのワーグナー」を上演。カタリーナ・ワーグナー監修のもと、歌劇「さまよえるオランダ人」を披露する。未就学児から高校生まで多様な年代を対象とした「音楽物語≪ぞうのババール≫」では、俳優の別所哲也(語り)と三浦友理枝(ピアノ)が登場し、子どもと一緒に絵本と音楽の時間を楽しめる。

 各プログラムの参加にはチケットが必要(一部除く)。申込みは、「東京・春・音楽祭」のWebサイトまたは電話、そのほかプレイガイドにて受け付ける。プログラムによって開催日時、場所、チケットの価格や発売日程(先行・一般)などが異なる。年齢制限があるプログラムもあるため、詳細はWebサイトにて確認が必要。

◆東京・春・音楽祭2019
日時:2019年3月15日(金)~4月14日(日)
会場:東京文化会館、東京藝術大学 奏楽堂(大学構内)、旧東京音楽学校奏楽堂
上野学園 石橋メモリアルホール、国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、
国立西洋美術館、上野の森美術館、東京キネマ倶楽部など
申込方法:「東京・春・音楽祭」のWebサイトまたは電話、そのほかプレイガイドにて申し込む
※各プログラムの詳細はWebサイトにて確認できる
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)