東京医大、1,000万円の学費値下げ検討…医学部不正入試受け

 東京医科大学は、入学者選抜で不正が発覚した医学部医学科について、2020年度以降の学生納付金の減額を検討している。6年間の授業料や実習費など、約3,000万円の学費総額から約1,000万円減額することで、学生の経済的負担を軽減し、多様な人材に門戸を広げたい考えだ。

教育・受験 高校生
東京医科大学
  • 東京医科大学
  • 東京医科大学 医学科の学生納付金(一部)
 東京医科大学は、入学者選抜で不正が発覚した医学部医学科について、2020年度以降の学生納付金の減額を検討している。6年間の授業料や実習費など、約3,000万円の学費総額から約1,000万円減額することで、学生の経済的負担を軽減し、多様な人材に門戸を広げたい考えだ。

 東京医科大学のWebサイトによると、学生納付金のうち、入学金、授業料、実習費、施設整備費、教育充実費を合計した学費の総額は、入学年度740万円、2年次以降440万円。6年間の納付額の総額は2,940万円。このほか、同窓会賛助費など諸経費も必要となる。

 学費の減額が検討されているのは、2020年度以降の医学部医学科の新入生。値下げ額は約1,000万円。経済的負担を大幅に軽減することで、家庭環境にかかわらず、多様な人材に門戸を広げたい考え。また、女子や浪人生への不当な扱いなど、入学者選抜の不正発覚による志願者減少を抑制する思惑もあるとみられる。

 リセマムの取材に対し、東京医科大学は「減額を検討していることは事実だが、検討段階であり、確定はしていない」と回答。大学として正式決定した場合には、あらためて発表するとしている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)