バンダイ、運動能力向上をサポートするシューズ発売…スマホアプリ連動

 バンダイは2018年12月1日、運動したデータをスマートフォンアプリにBluetoothで通信することで数値化し、遊びながら運動能力を高めるサポートをする小学生向けスポーツシューズ「UNLIMITIV(アンリミティブ)」を発売する。価格は4,212円(税込)。

生活・健康 小学生
UNLIMITIV
  • UNLIMITIV
  • シューズ紹介
  • トレーニング機能
  • ゲーム・ランキング機能
  • ラインアップ(1/2)
  • ラインアップ(2/2)
 バンダイは2018年12月1日、運動したデータをスマートフォンアプリにBluetoothで通信することで数値化し、遊びながら運動能力を高めるサポートをする小学生向けスポーツシューズ「UNLIMITIV(アンリミティブ)」を発売する。価格は4,212円(税込)。メインターゲットは6歳から12歳の小学生男子。

 「UNLIMITIV」は、IoTやウェアラブルガジェットの要素を取り入れた、子どもが楽しみながらトレーニングできる次世代型スポーツシューズ。メインターゲットである小学生男子の“足が速くなりたい”という願望を叶えるため、「足が速くなるためのトレーニングをサポートする靴」として開発された。バンダイでは1983年よりアパレル事業を展開しているが、スポーツシューズを展開するのは今回が初めて。スポーツテック市場に参入する第一歩となる。

 ブランド名である「UNLIMITIV」は、「Unlimited(無限の)+Active(活動的な)」の造語。シューズのインソール部分にセットしたセンサーユニットと、「UNLIMITIVアプリ」をダウンロードしたスマートフォンをBluetoothで通信させることで、運動データを数値化。ウォーク、ラン、ダッシュなどの日常の動作から、 ももあげ、スタートダッシュなどのトレーニングメニューまで、幅広くデータを測定することができる。

 より楽しくトレーニングするための機能として、アプリには「トレーニング」で獲得したポイントを使用して遊べる「ゲーム」機能も。楽しみながら継続的にスポーツに取り組むことで、運動能力向上のサポートをする。また、自分の成長を感じ、“やる気”を促進するよう、運動測定値の結果を「全体」「学年別」「地域別」「地域×学年別」の4つのカテゴリーでランキング表示する。アプリはiOS、Android対応。

 シューズ形状は、低学年から中学年向けの「面ファスナーモデル」2種類と、中学年から高学年向けの「紐靴モデル」の計3種類。カラーは各モデル3色展開で、計9種をラインアップする。価格は各4,212円(税込)。全国のイオン靴売場「Greenbox」「ASBeefam.」や、インターネット通販などで販売する。なお、バンダイのオンラインショップ「プレミアムバンダイ」および「G-FOOT SHOES MARCHE」では、11月1日よりWeb先行予約を開始している。

◆「UNLIMITIV」商品概要
発売日:2018年12月1日(土)
価格:各4,212円(税込、メーカー希望小売価格)
セット内容:シューズ本体1足、センサーユニット1個(コイン電池1個付)
ラインアップ:全3種×各3色
サイズ展開:19cm、20cm、21cm、21.5cm、22cm、22.5cm、23cm、23.5cm、24cm
※モデルによって展開サイズが異なる
販売店:全国のイオン靴売場「Greenbox」「ASBeefam.」およびインターネット通販など
アプリ対応OS:iOS、Android(対応端末は公式Webサイトで確認)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)