プログラミングと英語に親しむ「Ozobotの魔法使い」12/1開催

 CANVASは、線の上を走るライントレーシングロボット「Ozobot」を使ったイベント「Ozobotの魔法使い~プログラミングと英語を学んで魔法使いになろう~」を2018年12月1日に開催する。対象は小学生。参加無料。

教育イベント 小学生
Ozobotの魔法使い~プログラミングと英語を学んで魔法使いになろう~
  • Ozobotの魔法使い~プログラミングと英語を学んで魔法使いになろう~
  • Ozobot
 CANVASは、線の上を走るライントレーシングロボット「Ozobot」を使ったイベント「Ozobotの魔法使い~プログラミングと英語を学んで魔法使いになろう~」を2018年12月1日に開催する。対象は小学生。参加無料。

 Ozobot(オゾボット)は、紙やスマートフォン、タブレット上に描かれた線に沿って動く小さなロボット。プログラミングのスキルがなくても、Ozobotをプログラムするためのツール「OzoBlockly」を使えば簡単にプログラムが組める。コンピューターを使用したプログラミング教材として活用するだけでなく、コンピューターを使用しない教材としても活用できる。

 イベント「Ozobotの魔法使い」では、Ozobotを使って基本的な使い方を学び、ミッション挑戦を通してプログラミングと英語に親しむ。ミッションに沿って地図上にあるアルファベットを集め、英単語を作り、最後に英語の発音をする。

 対象は小学1年生から6年生。小学1・2年生は保護者の同伴が必要。午前3回と午後3回の計6回開催する。定員は各回10名。Webサイトより参加申込みを受け付けている。

◆Ozobotの魔法使い~プログラミングと英語を学んで魔法使いになろう~
日程:2018年12月1日(土)
時間:【午前の回】10:00~10:25、10:30~10:55、11:00~11:25
【午後の回】13:00~13:25、13:30~13:55、14:00~14:25
会場:東京大学本郷キャンパス 情報学環・福武ホール(東京都文京区本郷7-3-1)
対象:小学1年生~6年生 ※小学1・2年生は保護者の同伴が必要
定員:各回10名
参加費:無料
申込方法:Webサイトより申し込む
共催:キャスタリア、CANVAS、超教育協会
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)