文科省、SGH全国高校生フォーラム12/15…高校生、一般参観無料

 文部科学省と筑波大学の共催による「2018年度スーパーグローバルハイスクール(SGH)全国高校生フォーラム」が、2018年12月15日に東京国際フォーラムで開催される。教育関係者のほか、高校生や一般の参観も可能。参加は無料で、Webサイトで参観申込みを受け付けている。

教育イベント 高校生
 文部科学省と筑波大学の共催による「2018年度スーパーグローバルハイスクール(SGH)全国高校生フォーラム」が、2018年12月15日に東京国際フォーラムで開催される。教育関係者のほか、高校生や一般の参観も可能。参加は無料で、Webサイトで参観申込みを受け付けている。

 スーパーグローバルハイスクール(SGH)は、将来、国際的に活躍できるグローバルリーダーを育成することを目的に、文部科学省が2014年度(平成26年度)から進めている事業。全国の高等学校等の中から指定された「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」は、目指すべきグローバル人物像を設定し、国際化を進める国内外の大学を中心に、企業、国際機関などと連携を図りながら、グローバルな社会課題、ビジネス課題をテーマに横断的・総合的な学習、探究的な学習に取り組んでいる。

 フォーラムでは、全国のSGH指定校123校・アソシエイト55校、開催地である東京都の高等学校の代表生徒が一堂に会し、英語でのポスターセッションやディスカッションを通して、SGHとして取り組んでいるグローバルな社会課題・ビジネス課題の解決や提案について英語で発信する

 ポスターセッションの最優秀プレゼンターには文部科学省から表彰が贈られる。2017年度のSGH全国高校生フォーラムでは、佼成学園女子中学高等学校(東京都)に文部科学大臣賞が贈られた。発表テーマは「他民族社会であるタイでどのような言語教育が行われ、少数言語が保存されているのか」。

 フォーラムは一般参観可能。無料で参観できる。一般申込みは、SGHのWebサイトで受け付けている。

◆2018年度スーパーグローバルハイスクール(SGH)全国高校生フォーラム
日時:2018年12月15日(土)10:00~17:00(9:30開場)
会場:東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3-5-1)
対象:SGH指定校・アソシエイトの高校生・留学生、一般高校生、教育関係者、一般
参加費:無料
参加方法:SGHのWebサイトから申し込む
※指定校・アソシエイト・開催枠の高等学校の定員分については、Webからの申込不要
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)