Google Playベストオブ2018、隠れた名作部門に計算ゲームアプリ

 Google Japanは2018年12月3日、日本で人気を集めたGoogle Playのコンテンツを紹介する「Google Playベストオブ2018」を発表した。アプリの隠れた名作部門賞には、計算力と論理的思考力を鍛える「Yakusu(ヤクス)」など5つが選ばれた。

デジタル生活 その他
Google Playベストオブ2018
  • Google Playベストオブ2018
  • 隠れた名作部門賞に選ばれた「計算センス×論理思考バトルYakusu」
 Google Japanは2018年12月3日、日本で人気を集めたGoogle Playのコンテンツを紹介する「Google Playベストオブ2018」を発表した。アプリの隠れた名作部門賞には、計算力と論理的思考力を鍛える「Yakusu(ヤクス)」など5つが選ばれた。

 Google Playベストオブ2018では、アプリ、ゲーム、マンガにおける部門賞と優秀賞を発表。2018年のトレンドを映し出す各カテゴリの受賞作品のほか、Google Playで楽しめる書籍、映画、テレビカテゴリのTop5を紹介している。

 アプリの隠れた名作部門賞には、「計算センス×論理思考バトルYakusu」など5つが選ばれた。Yakusuは、思考センスを鍛えられるアプリ「Think!Think!(シンクシンク)」制作チームが開発したアプリで、ゲームを通して計算力や論理的思考力を鍛えることができる。

 アプリのエンターテイメント部門賞では、ディズニーの名作が動く絵本として読める「ディズニーマジカル絵本ワールド 読み聞かせ&英語学習&パズル」や、話題の「Tik Tok」など5つが選ばれている。

 オーディオブックには、メンタリストDaiGo氏による「自分を操る超集中力」、忙しいけれど語学力をつけたい人にお勧めの「1日1分で英語脳」、1日4分聞き流すだけで英語がわかる「英語サンドイッチメソッド」、聞くだけで日本史の古代から現代までがわかる「聞くだけで一気にわかる日本史」などが選ばれた。

 12月7日には、アプリ、ゲーム、マンガの受賞作品の中から、各部門の大賞と最優秀賞、ベストアプリ、ベストゲームが発表される。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)