【高校受験2019】兵庫県公立高校進学希望調査・倍率(11/10時点)、兵庫(創造科学)2.8倍など

 兵庫県教育委員会は2018年11月30日、2019年度(平成31年度)高等学校進学希望者数等動向調査の結果を公表した。2018年11月10日現在、国公立中学校卒業予定者の83.7%が県内公立高校に進学を希望。希望倍率は、兵庫(創造科学)2.80倍、神戸(総合理学)2.58倍など。

教育・受験 中学生
進学希望者数等の状況
  • 進学希望者数等の状況
  • 県内公立高校進学希望者の学校・学科別動向調査結果(全日制)
  • 県内公立高校進学希望者の学校・学科別動向調査結果(全日制)
  • 県内公立高校進学希望者の学校・学科別動向調査結果(全日制)
  • 県内公立高校進学希望者の学校・学科別動向調査結果(定時制など)
 兵庫県教育委員会は2018年11月30日、2019年度(平成31年度)高等学校進学希望者数等動向調査の結果を公表した。2018年11月10日現在、国公立中学校卒業予定者の83.7%が県内公立高校に進学を希望。希望倍率は、兵庫(創造科学)2.80倍、神戸(総合理学)2.58倍など。

 高等学校進学希望者数等動向調査は、2019年度公立高校生徒募集計画を踏まえ、中学校における進路指導の参考とするため、11月10日現在の県内生徒の第1希望校の動向を調べたもの。

 11月10日現在、兵庫県内の国公立中学校卒業予定者数は、前年度比1,494人減の4万5,592人。このうち、県内公立高校進学希望者は、前年度比1.1ポイント減の83.7%にあたる3万8,145人。内訳は全日制が3万6,982人(81.1%)、定時制・多部制・通信制が1,163人(2.6%)。県内私立高校やそのほかの学校、就職などを希望している生徒は、7,447人(16.3%)だった。

 学校・学科別の進学希望動向をみると、神戸(理数・総合理学)は定員40人に対して希望者数103人、希望倍率は2.58倍。神戸(普通)は定員320人に対して希望者数342人、希望倍率は1.07倍。長田(普通)は定員320人に対して希望者数400人、希望倍率は1.25倍。

 このほかの希望倍率は、加古川東(理数)2.18倍、加古川東(普通)1.61倍、兵庫(理数・創造科学)2.80倍、兵庫(普通)2.00倍、姫路西(理数・国際理学)2.35倍、姫路西(普通)1.05倍、宝塚北(理数・グローバルサイエンス)1.63倍、小野(普通・自然科学系コース)1.23倍、市立西宮(理数・グローバルサイエンス)1.45倍など。

 2019年度兵庫県公立高校入試は、推薦入学・特色選抜・連携型入学者選抜・多部制I期試験の適性検査や面接などが2019年2月15日(一部の学校は16日も実施)、一般選抜の学力検査は3月12日に行われる。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)