「スーパーキッズ・オーケストラ」コンサート1/18大阪…観覧者100組200名募集

 AIG損害保険(AIG損保)は、「スーパーキッズ・オーケストラ ニューイヤー・ミニコンサート」を2019年1月18日にナレッジシアターにて開催。観覧者100組200名を募集する。応募締切は2018年12月21日。

趣味・娯楽 未就学児
「スーパーキッズ・オーケストラ」コンサートのようす その1
  • 「スーパーキッズ・オーケストラ」コンサートのようす その1
  • 「スーパーキッズ・オーケストラ」コンサートのようす その2
 AIG損害保険(AIG損保)は、小学生から高校生までの弦楽器演奏家による「スーパーキッズ・オーケストラ ニューイヤー・ミニコンサート」を2019年1月18日にナレッジシアターにて開催。観覧者100組200名を募集する。応募締切は2018年12月21日。

 AIGグループの保険持株会社であるAIGジャパン・ホールディングス(AIGジャパン)では、2013年から、4月2日の「世界自閉症啓発デー」に自閉症や発達障がいへの理解を深める活動の一環として、自閉症啓発のキャンペーン「ライト・イット・アップ・ブルーJapan」へ継続した支援を行っている。

 また、AIGジャパンは、女性活躍の推進や多文化共生、LGBTなどの性の多様性、障がいを持つひとへの社会活躍などについて理解を深め、そのような多様性を受容して誰もが活躍できる社会を目指すことを呼びかけるキャンペーン「DIVERSITY IS STRENGTH(多様性こそ強さ)」も展開。

 こうした背景もあり、本コンサートには、自閉症スペクトラムのある子どもたちとその保護者も招待し、一緒に音楽を楽しむ。また、3歳以上の子どもであれば誰でも参加ができる。ただし、未成年者の参加の場合は保護者の同伴が必要となる。

 コンサートの開催場所は大阪のナレッジシアター。開催日時は2019年1月18日の午後7時から午後8時。演奏は兵庫県立芸術文化センターが2003年より事業として展開している、小学生から高校生までの弦楽器を演奏する子どもたちによるオーケストラ「スーパーキッズ・オーケストラ」で、指揮者は加藤完二氏。定員は100組200名で、抽選にて観覧者を決定する。応募フォームまたはハガキにて応募する。

 AIG損保は、2018年1月にAIU損害保険と富士火災海上保険が合併して誕生。富士火災海上保険が2008年に90周年事業の一環として開始して以来、スーパーキッズ・オーケストラの活動に協賛している。

 自閉症の理解促進活動を行っている「NPO法人あっとオーティズム」へのチャリティーとして参加者へ1人500円の寄付を募っている。

◆「スーパーキッズ・オーケストラ」ミニコンサート概要
開催日時:2019年1月18日(金)19:00~20:00(18:15受付開始)
開催会場:ナレッジシアター(グランフロント大阪北館4F)
出演:指揮 加藤完二氏、演奏 スーパーキッズ・オーケストラ
募集内容:観覧者100組200名
対象:3歳以上 ※未成年者の参加は保護者の同伴が必要
募集期間:2018年12月1日(土)~12月21日(金)23:59 
応募方法:Webサイトの応募フォーム、またはハガキ
※ハガキの場合当日消印有効
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)