「教育系職種の働きやすい企業ランキング」総合評価1位は「河合塾」

 企業口コミ・給与明細サイトの「キャリコネ」は2018年12月4日、「教育系業界の働きやすい企業ランキング」を発表した。総合評価1位は「河合塾」で、項目別でも「休日」「ホワイト度」で1位を獲得した。

教育業界ニュース その他
教育系職種の働きやすい企業ランキング
  • 教育系職種の働きやすい企業ランキング
  • 1位:河合塾
  • 2位:さなる
  • 3位:市進
  • 4位:臨海
  • 5位:京進
 企業口コミ・給与明細サイトの「キャリコネ」は2018年12月4日、「教育系業界の働きやすい企業ランキング」を発表した。総合評価1位は「河合塾」で、項目別でも「休日」「ホワイト度」で1位を獲得した。

 この調査は2015年4月1日から2018年3月31日までの期間、「日経業界地図 2018年版」(日本経済新聞出版社)に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に「教育系職種」のユーザーから10件以上の評価が寄せられた企業を対象として行われた。回答者はキャリコネ会員のうち勤務先を評価対象企業に選択した会員。

 この調査結果によると、総合評価1位は大学受験指導を中心に事業を展開している「河合塾」。全国最大規模での模擬試験の実施や高校教育に対してのコンサルティング、教員向けの研修、デジタル教材開発など事業は多彩で、公的機関、大学の研究機関、大手民間企業などと連携した研究開発に積極的な点や、福利厚生として子弟学費減免制度が用意されている点などが評価につながった。

 回答者からは「事務職の場合、休日出勤はあるが、シフト制により完全に代休取得可能。ただし業務の性質上、正月は1日のみ休日。夏休みは取れないが、残業についてはすべて残業代が出る。残業を減らす努力が求められており、ライフワークバランスは取れる会社である」(教師・インストラクター/50代前半男性/年収850万円/2016年度)、「福利厚生はかなり充実しており働きやすい職場だと思う。自己都合(結婚など)で転勤もさせてくれる(男性も希望を出せば通るらしい)。もちろん女性が多い職場なので産休を取る人も多く、時短勤務をしている人もいた。また、全国に保養所があり、申請すればかなり格安で利用することができる」(教師・インストラクター/20代後半女性/年収380万円/2013年度)といった声が寄せられている。

 2位は佐鳴予備校、啓明舎などで小学生から高校生まで一貫した学習・進路指導や模擬試験を実施している「さなる」。ICT活用に積極的で、視覚で理解しやすい授業システム「See‐be」を開発し、電子黒板を使っての指導を行っている。また、自律型映像授業システム「@will」、学習支援ツールの「さなる式タブレット」などの開発や、出版社と共同制作した「歴史まんがスタディスタジアム」も大ヒットとなるなど、数々の特徴的な取り組みを行っている。このほか社員アンケートを定期的に実施し、働きたい部署や地域を役員に直接申告できる体制を整えているという。

 回答者からは「福利厚生は社会保険完備で、各種手当があって、加えて保養所があるという感じ。社内環境の特徴としては、勤務の終わる時間が遅いので機会多くはないが、たまにみんなで食事に行ったりもする。仕事が大変なぶん、働くメンバー同士の結束が強く、職場の雰囲気がいい」(教師・インストラクター/30代前半男性/年収420万円/2018年度)、「社員の団結力がある。同じ目標に向かっていく時のチームワークはすごい。仕事の後に食事会などをして結束力を高めることもある。女性の活躍も目立ち、女性管理者も存在する。ときおり女子会として飲みに行ったりしているらしく、密な情報交換で意思の疎通をはかるなど、良好な関係を仕事にも活用している」(教師・インストラクター/20代後半男性/年収500万円/2017年度)という声が挙がった。

 3位は市進学院、市進予備校を主軸に東京・千葉・埼玉・神奈川で教育事業を展開する「市進」。首都圏で500以上の拠点を持つ「市進教育グループ」に属しており、市進学院では、多くの社員が小学生と中学生のクラスの両方を担当するのも特徴的だ。また人事研修や教務研修、教室配属後の「2年間研鑽」など、人材育成制度にも注力。ジョブローテーション制度を採用しており、何年かごとにさまざまな部署・教室を経験するという。

 回答者からは「人間関係は非常に良い。普段子どもと接しているせいか、ひどい対応の人は少ない。もちろん、塾講師のため、クセのある人もちらほらとはいるが、概ね、いたってノーマルで、人当たりの良い、優しい人が多い」(教師・インストラクター/40代前半男性/年収500万円/2015年度)、「授業については、マニュアルが非常に詳細にわたってまで完備しているので、準備が非常にやりやすいと感じた。かなりの部分が教師の自主性に任せられており、生徒も真面目な生徒が多いので、工夫のしがいがあり、自分の指導によって生徒の成績があがれば非常にやりがいを感じることができると思う」(教師・インストラクター/30代前半男性/年収360万円/2008年度)という声が寄せられている。

 4位には神奈川、東京、大阪などで360以上の学習塾「臨海セミナ―」を展開する「臨海」がランクイン。地域の学校の授業内容に合わせた地域密着型で、生徒が集中できるようにコミュニケーションを取りながら進める「共演授業」が特徴的で、大学生、社会人に向けてはTOEIC指導専門コースを設けるなど、幅広い年代に向け多彩な指導を行っている。また、2016年度の女性の育休取得率が100%であり、項目別では「やりがい」の満足度が高い結果になった。

 5位には京都に本社を置き、日本と世界を見据えたグローバルな教育事業を展開している「京進」。職場環境では週休2日制、年間休日123日を業界に先駆けて実施。「第9回ワークバランス大賞奨励賞」や「第1回ホワイト企業アワード ダイバーシティ部門賞」を受賞しているほか、「定時退社キャンペーン」や勤続10年ごとに年間10日間の休暇と旅行券を支給するといった取り組みにより社員満足度を高めるなど、働き方改善に関する取り組みが評価されている。

 6位以下は、6位「駿台予備校」、7位「コナミスポーツクラブ」、8位「秀英予備校」、9位「リソー教育」、10位「ウィザス」の順だった。

◆教育系業界の働きやすい企業ランキング TOP10
1位 河合塾
2位 さなる
3位 市進
4位 臨海
5位 京進
6位 駿台予備校
7位 コナミスポーツクラブ
8位 秀英予備校
9位 リソー教育
10位 ウィザス

◆「教育系業界の働きやすい企業ランキング」調査概要
調査対象:「日経業界地図 2018年版」(日本経済新聞出版社)に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に「教育系職種」のユーザーから10件以上の評価が寄せられた企業
対象期間:2015年4月1日(水)から2018年3月31日(土)
回答者:キャリコネ会員のうち勤務先を評価対象企業に選択した会員
採点項目:「労働時間の満足度-残業や長時間労働がないか」「仕事のやりがい-楽しいか、意義を感じるか」「ストレス度の低さ-心身に疲弊感はないか」「休日の満足度-休みがあるか、有休を取れるか」「給与の満足度-金額は十分か、割に合うか」「ホワイト度-ブラック企業でないかを総合判断」の評価の平均点(総合評価)
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)