Amazonプライム会員の更新のためにカード情報を登録させる…ニセメールに注意

 フィッシング対策協議会は、Amazonを騙るフィッシングメールが出回っているとして、2019年1月15日に注意喚起を発表した。

デジタル生活 その他
確認されたフィッシングメール
  • 確認されたフィッシングメール
  • 確認されたフィッシングサイト
フィッシング対策協議会は1月15日、Amazonを騙るフィッシングメールが出回っているとして、注意喚起を発表した。確認されているフィッシングメールは、「Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています! [メールアドレス] 」という件名で、Amazonプライム会員の更新においてクレジットカードが登録されていないという内容で、クレジットカード情報を更新・追加するために本文にあるリンクをクリックさせようとする。

確認されたリンク先URLは次の通り。

サイトのURL
http://www.asmazon-●●●●.com/

同協議会によると、1月15日11時30分の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼しているという。また、類似のフィッシングサイトが公開される可能性もあるとしている。さらに、このようなフィッシングサイトにてログイン情報(メールボックス、パスワード等)を絶対に入力しないよう呼びかけている。

Amazonプライム会員の更新のためにカード情報を登録させるニセメール(フィッシング対策協議会)

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)