IchigoJam BASICがバージョンアップ、IoTプログラミングがより簡単に

 B Inc.は2019年1月25日、セットアップ不要・シンプル・安価な子どものプログラミング教育ツールソフトウエアとして開発した「IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)」のver1.3をリリースした。

教育ICT 小学生
IchigoJam BASIC ver1.3
  • IchigoJam BASIC ver1.3
  • IchigoSoda
 B Inc.は2019年1月25日、セットアップ不要・シンプル・安価な子どものプログラミング教育ツールソフトウエアとして開発した「IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)」のver1.3をリリースした。

 「IchigoJam BASIC」は、手のひらに乗せられる大きさのプログラミング専用子どもパソコン「IchigoJam」に搭載されているOS。LEDを付けたり消したりするプログラミングの初めの一歩から、テレビゲーム作りを1時間程度のワークショップで体験でき、はんだ付けやブレッドボード上で組み立てる工程からの電子工作の体験学習も可能。累計発行ライセンス数は、2018年末時点で4万6,000件を突破している。

 IchigoJam BASIC ver1.3では、さくらインターネットのIoTプラットフォーム「sakura.io」を利用した通信用コマンドを標準搭載。従来のIchigoJamではsakura.ioモジュールの仕様を把握してプログラミングする必要があった通信処理をコマンド一つで実現でき、データのやり取りがより簡単にできるようになる。また、sakura.ioモジュールとIchigoJam BASICを接続しやすくするためのIchigoJam互換機「IchigoSoda」(さくらインターネット製)を使用することで、さらに簡単にIoTプログラミングを体験・利用できる。

 バージョンアップは、公式サイトからファームウェアをダウンロードして自身で行うか、PCNの有償バージョンアップサービスを利用して行うこと。製品「IchigoJam」のver1.3への対応は購入時期、販売店によって異なる。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)