ASUS、教育機関向けノートPC・タブレット…4万円台から

 ASUS JAPANは、法人教育機関向けChromebook 3製品を2019年6月7日より順次販売開始する。希望小売価格は、ノートPCタイプの「C204MA」が4万2,800円、タブレットタイプの「Tablet CT100PA」が4万4,800円(いずれも税別)。

教育ICT 小学生
ASUS Chromebookシリーズ
  • ASUS Chromebookシリーズ
  • ASUS Chromebook C204MAのスペック
  • ASUS Chromebook Flip C214MAのスペック
  • ASUS Chromebook Tablet CT100PAのスペック
 ASUS JAPANは、法人教育機関向けChromebook 3製品を2019年6月7日より順次販売開始する。希望小売価格は、ノートPCタイプの「C204MA」が4万2,800円、タブレットタイプの「Tablet CT100PA」が4万4,800円(いずれも税別)。

 今回発表された新製品は、GoogleのChrome OSを使用する「ASUS Chromebookシリーズ」から、ノートPCタイプの「ASUS Chromebook C204MA」と、液晶ディスプレイが360度動くノートPCタイプの「ASUS Chromebook Flip C214MA」、タブレットタイプの「ASUS Chromebook Tablet CT100PA」。いずれも本体の外周にゴム製のバンパーを搭載し、さまざまな衝撃から本体を守る。また、米国軍用規格のMIL規格に準拠したテストをクリアしており、学校の教室でも安心して使用できる。

 ノートPCタイプの「ASUS Chromebook C204MA」は、11.6型HDタッチスクリーンを搭載し、10点マルチタッチにより自然な画面操作が可能。液晶ディスプレイは180度開くため、複数の人で画面を見やすい。価格は4万2,800円(税別)、発売予定日は2019年6月7日。

 「ASUS Chromebook Flip C214MA」は、手書き入力用のスタイラスペン付属有無とパネル種類の違いで2モデルを用意。スタイラスペン内蔵モデル(C214MA-BW0028)はGorilla Glass 3搭載の液晶ディスプレイにグレアパネル、スタイラスペンなしモデル(C214MA-BU0029)は光沢のないノングレアパネルを使用している。2モデルともに液晶ディスプレイが360度動き、タブレットスタイルやテントスタイルなど好きな角度で使用できる。価格と発売予定日は、スタイラスペン内蔵モデルが5万8,800円・6月7日、スタイラスペンなしモデルが4万8,800円・7月下旬以降。

 タブレットタイプの「ASUS Chromebook Tablet CT100PA」は、9.7型サイズ・約510グラムとコンパクトで軽い。液晶ディスプレイはフルHDよりも高い解像度の2,048×1,536ドット(QXGA)で、精細に写真や動画を映し出すことができる。小さな文字や精細な図なども細部までしっかりと確認でき、図が入った資料や学習教材の表示にも適している。価格は4万4,800円、発売予定日は6月7日。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)