未来の研究者を育成「NESTプロジェクト」第3期、小中生40名募集

 リバネスは2019年2月12日まで、ジュニアドクター育成塾の取組みの1つである「NESTプロジェクト」第3期生となる小中学生を募集している。挑戦したい課題を見つけ研究計画を立て、チームで本格的な研究に挑戦する2年間のプログラム。参加費はすべて無料。

教育・受験 小学生
NESTプロジェクト
  • NESTプロジェクト
  • 2019年度「マスターコース」年間スケジュール
  • NESTプロジェクト 第3期生募集
 リバネスは2019年2月12日まで、ジュニアドクター育成塾の取組みの1つである「NESTプロジェクト」第3期生となる小中学生を募集している。挑戦したい課題を見つけ研究計画を立て、チームで本格的な研究に挑戦する2年間のプログラム。参加費はすべて無料。

 ジュニアドクター育成塾は、理数・情報分野の学習などを通じて高い意欲や突出した能力を有する小中学生を発掘し、さらに能力を伸長するための体系的育成プランの開発・実施を行う科学技術振興機構(JST)の事業。リバネスは唯一の民間企業として委託を受け、「NESTプロジェクト」を実施している。

 「NESTプロジェクト」は、Nature・Engineering・Science・Technologyの頭文字を取り、このプロジェクトが小中学生「NEST(巣)」となって若き研究者が世界に向けて飛び立つことを目指した取組み。“好きを究めて知を生み出す”をテーマにした、小学5年生から中学3年生対象の研究者育成プロジェクトで、児童生徒ひとりひとりの興味や関心に応じた研究テーマを策定し、リバネスの研究メンターの伴走を得て、大学や企業の若手研究者からアドバイスをもらいながらチームを結成して研究に挑む。

 プログラムの活動期間は2年間。1年目の「マスターコース」では、前半の研究導入講座で研究の流れを習得し、世の中の課題を知り、挑戦したい課題に向けて研究チームを作る。8月以降は、実際に研究メンターとともにチームで研究を進め、3月の研究成果発表会で成果を報告する。2年目の「ドクターコース」では、独自の研究テーマを持って研究協力者を集め、研究チームを構築して活動を進める。

 2018年に開催した第1期・第2期の「マスターコース」には、計48名の小中学生が参加。研究者とともに「環境、エネルギー、医療、食糧」をテーマとした研究活動を1年間実施したという。

 第3期生の対象は小学5年生から中学3年生。定員40名を募集する。参加は無料。活動は4月から月2回、日曜日の午後3時から5時にリバネス東京本社および東京「飯田橋駅」近辺にて行う。申込みはWebサイトで受け付けており、締切は2月12日午後6時。2月16日に面接審査を実施予定。申込多数の場合は書類・面接による選考を実施したうえで参加者を決定する。

◆NESTプロジェクト 第3期生募集
実施期間:2年間(1年目マスターコース、2年目ドクターコース)
開催日時:マスターコース/2019年4月から月2回、日曜日、15:00~17:00に開催
対象:小学5年生~中学3年生(2019年4月時点)
定員:40名
参加費:無料
活動拠点:リバネス東京本社および飯田橋近辺
申込方法:Webサイトの申込みフォームから申し込む
応募締切:2019年2月12日(火)18:00
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)