東京2020大会、開会式チケットは最高30万円…春から抽選受付開始

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2019年1月30日、東京2020大会公式チケットの販売概要を発表した。2019年春から公式チケット販売サイトで抽選申込みを開始。価格は、オリンピックの一般チケット2,500円~13万円、開閉会式1万2,000円~30万円。

生活・健康 その他
2019年春、チケット抽選申込スタート
  • 2019年春、チケット抽選申込スタート
  • チケットの販売方法・販売スケジュール
 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2019年1月30日、東京2020大会公式チケットの販売概要を発表した。2019年春から公式チケット販売サイトで抽選申込みを開始。価格は、オリンピックの一般チケット2,500円~13万円、開閉会式1万2,000円~30万円。

 東京2020大会オリンピック公式チケットは、2019年春に公式チケット販売サイトで抽選申込みを開始。抽選結果の発表は、2019年6月中旬以降の予定。2020年春以降は販売サイトに加え、東京都内に設置予定のチケット販売所や公式リセールサービスでも購入できる。

 2019年春に抽選申込みを開始する東京2020大会オリンピック公式チケットは、「一般チケット」「車いすユーザー向けチケット」「東京2020みんなで応援チケット」の3種類。このうち、一般チケットは33競技を対象にA~E席まで最大5種類あり、価格は2,500円から。半分以上のチケット価格は8,000円以下。最高額は陸上競技の午後決勝(男女)A席の13万円。開閉会式のチケット価格は、1万2,000円~30万円。

 「東京2020みんなで応援チケット」は、12歳未満の子ども、60歳以降のシニア、障害のある人を1名以上含む家族やグループを対象としたグループ向けの観戦チケットで、1枚2,020円(税込)。このほか、観戦チケットに飲食サービスなどを組み合わせた「東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージ」、チケットと宿泊や交通機関などをパッケージにした「東京2020オリンピック公式観戦ツアー」などもある。

 また、より多くの子どもたちに会場観戦を通して、スポーツの素晴らしさや世界中の人と交流する楽しさを体験してもらおうと、100万人以上の規模の「学校連携観戦プログラム」も実施する。一般販売チケットとは別に各自治体にプログラムを案内して販売するもので、対象は東京都、会場所在地都道府県、被災地をはじめとした全国各地の小学校から高校および特別支援学校などの児童・生徒。価格は1枚2,020円(税込)。

 一方、東京2020パラリンピック公式チケットは、2019年夏に販売開始予定。競技の一般チケット価格は、900円~7,000円。開閉会式のチケット価格は、8,000円~15万円。家族やグループ向けチケットなど、低価格帯の企画チケットを複数検討中だという。

 なお、東京2020大会公式チケット販売サイトでチケットを購入するためには、TOKYO 2020 IDの登録が必要。TOKYO 2020 IDに登録すると、メールマガジンなどを通じてチケット情報など、大会関連情報が配信される。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)