【センター試験2019】追・再試験「地理A」問題および正解を訂正

 大学入試センターは2019年2月6日、1月26日に実施した大学入試センター試験(追・再試験)の地理歴史「地理A」について、問題および正解の訂正を発表した。第3問・問3の設問文中に誤記が含まれていたため訂正し、当初発表の正解「3」に加え、「4」も正解とした。

教育・受験 高校生
平成31年度大学入試センター試験(追・再試験)地理歴史「地理A」第3問・問3
  • 平成31年度大学入試センター試験(追・再試験)地理歴史「地理A」第3問・問3
  • 平成31年度大学入試センター試験(追・再試験)地理歴史「地理A」第3問・問3の問題訂正
  • 大学入試センター
 大学入試センターは2019年2月6日、1月26日に実施した大学入試センター試験(追・再試験)の地理歴史「地理A」について、問題および正解の訂正を発表した。第3問・問3の設問文中に誤記が含まれていたため訂正し、当初発表の正解「3」に加え、「4」も正解とした。

 1月26日に実施した大学入試センター試験(追・再試験)の地理歴史「地理A」122ページ第3問・問3は、中国の河川の流域でみられる開発について述べた2つの文(F・G)について、正誤の組合せを4つの選択肢から選択する設問。

 設問文中の文Gは、「河川イ(長江を指す)の河口部には、経済規模が中国で最大級の都市(上海を指す)が位置しており、2012年に万国博覧会が開催されている」というものであったが、文中の「2012年」は「2010年」の誤りであることが判明した

 高等学校「地理A」の範囲では、上海(シャンハイ)で開催された万国博覧会の正確な開催年について判別することは困難であり、不適切な設問文となることから、文Gについては正誤両方を正解とすると発表。当初発表の選択肢「3」に加えて選択肢「4」も正解として追加する。配点は3点。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)