60周年企画「まるごとプラレール展」、3/9-5/7京都

 タカラトミーは2019年3月9日から5月7日、プラレール60周年企画「おかげさまで60年まるごとプラレール展」を京都鉄道博物館で開催する。チケットは入館料に含まれる。

趣味・娯楽 未就学児
2019年3月9日から5月7日に開催されるプラレール60周年企画「おかげさまで60年まるごとプラレール展」イメージ
  • 2019年3月9日から5月7日に開催されるプラレール60周年企画「おかげさまで60年まるごとプラレール展」イメージ
  • 2019年3月9日から5月7日に開催されるプラレール60周年企画「おかげさまで60年まるごとプラレール展」展示商品の例
  • 2019年3月9日から5月7日に開催されるプラレール60周年企画「おかげさまで60年まるごとプラレール展」展示商品の例
  • 2019年3月9日から5月7日に開催される、プラレール60周年企画「おかげさまで60年まるごとプラレール展」
 タカラトミーは2019年3月9日から5月7日、プラレール60周年企画「おかげさまで60年まるごとプラレール展」を京都鉄道博物館で開催する。チケットは入館料に含まれる。入館料は大人1,200円、大学生・高校生1,000円、中学生・小学生500円、幼児(3歳以上)200円、2歳未満無料。

 本企画展は、1959年の発売から60周年を迎えたプラレールの歴史を振り返る内容。特に、平成に発売された商品に焦点を当てる。

 1959年に発売された初代プラレールである「プラスチック汽車・レールセット」をはじめ、1961年に発売された初の電動走行車両「電動プラ汽車セット」などの初期の商品の展示は、大人も楽しめる内容だ。あわせて、カメラを搭載した車両や、本物のような蒸気が出る車両、手転がしで発電する車両、スマートフォンと連動する車両など、進化の歴史を振り返ることができる。展示は約50点。

 このほか、歌やダンス、車両などの映像が流れるシアターブースや、プラレールの世界に入り込んだかのように楽しめる大型ジオラマも設けられる。

 また、3月23日からは、京都鉄道博物館内のSLスチーム号乗り場に、企画展のオリジナルヘッドマークを付けた「プラレール60周年SLスチーム号」も登場し、走行開幕式も行われる予定。

◆プラレール60周年企画「おかげさまで60年まるごとプラレール展」
開催期間:2019年3月9日(土)~5月7日(火)
開催時間:10:00~17:30(最終入場は17:00)
休館日:毎週水曜日
※ただし3/25~4/7の春休み期間とGW期間中は水曜日も開館
※荒天時などは臨時休館の可能性あり
会場:京都鉄道博物館・本館2階 企画展示室(京都市下京区観喜寺町)
入館料:大人1,200円、大学生・高校生1,000円、中学生・小学生500円、幼児(3歳以上)200円、2歳未満無料
《野口雅乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)