【高校受験2019】東京都公立高校人気難関校…確定出願倍率&偏差値まとめ

 東京都の公立高校の一般入試が2019年2月22日、実施される。リセマムでは人気難関校の確定出願倍率と偏差値についてまとめる。

教育・受験 中学生
【高校受験2019】東京都公立高校人気難関校…確定出願倍率&偏差値まとめ
  • 【高校受験2019】東京都公立高校人気難関校…確定出願倍率&偏差値まとめ
 東京都の公立高校の一般入試が2019年2月22日、実施される。リセマムでは人気難関校の確定出願倍率と偏差値についてまとめる。

 確定出願倍率は東京都教育委員会が2019年2月14日に発表した「平成31年度東京都立高等学校入学者選抜応募状況(最終応募状況)」による。

 なお偏差値については家庭教師のトライ、および大阪進研より提供を受けてリセマムが掲載している「都道府県別 全国高校偏差値一覧」を参考にしている。

 偏差値情報にコース名表記のないものは普通科の偏差値とみなす。校名のあとに※印のある学校は、単位制をとっている。

偏差値70以上



国立


募集人員(普通科)253人(男132・女121)に対して、出願者数は421人(男225・女196)。倍率は1.66倍(男1.70・女1.62)となった。
偏差値は74。

西


募集人員(普通科)253人(男132・女121)に対して、出願者数は417人(男228・女189)。倍率は1.65倍(男1.73・女1.56)となった。
偏差値は73。

日比谷


募集人員(普通科)254人(男133・女121)に対して、出願者数は588人(男329・女259)。倍率は2.31倍(男2.47・女2.14)となった。
偏差値は73。

戸山


募集人員(普通科)253人(男132・女121)に対して、出願者数は575人(男331・女244)。倍率は2.27倍(男2.51・女2.02)となった。
偏差値は72。

青山


募集人員(普通科)250人(男131・女119)に対して、出願者数は535人(男285・女250)。倍率は2.14倍(男2.18・女2.10)となった。
偏差値は71。

立川


募集人員(普通科)253人(男132・女121)に対して、出願者数は406人(男218・女188)。倍率は1.60倍(男1.65・女1.55)となった。
偏差値は71。

八王子東


募集人員(普通科)253人(男132・女121)に対して、出願者数は334人(男170・女164)。倍率は1.32倍(男1.29・女1.36)となった。
偏差値は71。

偏差値65~69



小山台


募集人員(普通科)253人(男132・女121)に対して、出願者数は442人(男215・女227)。倍率は1.75倍(男1.63・女1.88)となった。
偏差値は69。

国際(国際)


募集人員(国際)138人(男女、うち一般は98)に対して、出願者数は362人、うち一般は286(男100、うち一般は73・女262、うち一般は213)。倍率は2.62倍(うち一般2.92)となった。
偏差値は68。

駒場


募集人員(普通科)222人(男116・女106)に対して、出願者数は335人(男188・女147)。倍率は1.51倍(男1.62・女1.39)となった。
偏差値は68。

新宿※


募集人員(普通科)284人(男女)に対して、出願者数は606人(男305・女301)。倍率は2.13倍となった。
偏差値は68。

両国


募集人員(普通科)62人(男31・女31)に対して、出願者数は95人(男55・女40)。倍率は1.53倍(男1.77・女1.29)となった。
偏差値は68。

国分寺※


募集人員(普通科)252人(男女)に対して、出願者数は451人(男238・女213)。倍率は1.79倍となった。
偏差値は67。

竹早


募集人員(普通科)210人(男110・女100)に対して、出願者数は292人(男149・女143)。倍率は1.39倍(男1.35・女1.43)となった。
偏差値は67。

武蔵


募集人員(普通科)62人(男31・女31)に対して、出願者数は98人(男54・女44)。倍率は1.58倍(男1.74・女1.42)となった。
偏差値は67。

富士


募集人員(普通科)62人(男31・女31)に対して、出願者数は96人(男50・女46)。倍率は1.55倍(男1.61・女1.48)となった。
偏差値は66。

武蔵野北


募集人員(普通科)191人(男100・女91)に対して、出願者数は272人(男145・女127)。倍率は1.42倍(男1.45・女1.40)となった。
偏差値は66。

大泉


募集人員(普通科)62人(男31・女31)に対して、出願者数は93人(男50・女43)。倍率は1.50倍(男1.61・女1.39)となった。
偏差値は65。

小松川


募集人員(普通科)254人(男133・女121)に対して、出願者数は360人(男200・女160)。倍率は1.42倍(男1.50・女1.32)となった。
偏差値は65。

町田


募集人員(普通科)254人(男133・女121)に対して、出願者数は386人(男204・女182)。倍率は1.52倍(男1.53・女1.50)となった。
偏差値は65。

三田


募集人員(普通科)206人(男108・女98)に対して、出願者数は403人(男206・女197)。倍率は1.96倍(男1.91・女2.01)となった。
偏差値は65。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)