中学受験に必要な語彙力をマンガで「クスッとわらってサクッとつかえる」シリーズ

 新興出版社啓林館は2019年3月1日より、中学受験に必要な語彙力をマンガで楽しく覚えられる問題集「クスッとわらってサクッとつかえる ことわざ」「クスッとわらってサクッとつかえる 慣用句」を刊行する。各980円(税別)。

教育・受験 小学生
「クスッとわらってサクッとつかえる ことわざ」
  • 「クスッとわらってサクッとつかえる ことわざ」
  • 「クスッとわらってサクッとつかえる 慣用句」
  • 「クスッとわらってサクッとつかえる ことわざ」中面
  • 「クスッとわらってサクッとつかえる ことわざ」もくじ
  • 入試出る順リスト ことわざ編
 新興出版社啓林館は2019年3月1日より、中学受験に必要な語彙力をマンガで楽しく覚えられる問題集「クスッとわらってサクッとつかえる ことわざ」「クスッとわらってサクッとつかえる 慣用句」を刊行する。各980円(税別)。

 語彙力は、問題を解くうえで必要な読解力や思考力、表現力を育むためには欠かせない力。しかし近年では国際学力調査(PISA)で日本人の読解力の低下が認められている一方、2020年度からの新学習指導要領で語彙の指導を重視しているなど、「語彙力」の重要性はますます高まっていくと考えられている。

 「クスッとわらってサクッとつかえる」シリーズは、中学受験の大手学習塾・栄光ゼミナールと、教科書・学習参考書を長年発刊してきた新興出版社啓林館が初めてタッグを組んで制作した、中学受験スタートにおすすめの本。「ことわざ」「慣用句」の2冊を同時刊行する。

 過去8年間の入試データを分析し、最頻出の言葉365語を厳選。2016年から2018年の一部の中学入試で出題された「知識の有無を問う言語問題」のうち、この書籍で扱っている言葉の割合を集計して算出した「入試カバー率」は74.1%になるという。

 1ページに1つのマンガで、国語が苦手な子でも楽しく学習できるように工夫されている。日常場面をストーリーにしているため、毎日使いながら覚えることができる。また、各言葉には星の数で出題率も表示されているので、効率よく対策を進められる。関連語もあわせて紹介されており、語彙を増やし読解力・思考力を鍛えられる構成になっている。

 持ち運びしやすいA5サイズで価格は各980円(税別)。監修をした栄光ゼミナール中学受験国語科責任者の竹本先生は「本書は、入試頻出の語句を厳選し収録しており、無理なく正しく知識をつけることができます。低学年の皆さまにもおすすめできる一冊です。」とコメントしている。

 なお、今なら新興出版社啓林館のWebサイトでアンケートに答えると、中学入試に最頻出の問題集(PDF形式)が無料でプレゼントされる。

◆「クスッとわらってサクッとつかえる ことわざ」「クスッとわらってサクッとつかえる 慣用句」
出版社:新興出版社啓林館
発売日:2019年3月1日
サイズ:A5
価格:各980円(税別)
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)