日本ゲーム大賞2019「U18部門」エントリーは3/29まで

 コンピュータエンターテインメント協会は2019年3月1日、日本ゲーム大賞2019「U18部門」の第2回決勝大会審査員にCANVAS理事長の石戸奈々子氏ら3名が決定したと発表した。エントリーは3月29日午後8時まで、Webサイトにて受け付けている。

教育ICT 小学生
 コンピュータエンターテインメント協会は2019年3月1日、日本ゲーム大賞2019「U18部門」の第2回決勝大会審査員にCANVAS理事長の石戸奈々子氏ら3名が決定したと発表した。エントリーは3月29日午後8時まで、Webサイトにて受け付けている。

 日本ゲーム大賞「U18部門」は、18歳以下の小中学生および高校生を対象としたゲーム制作コンテスト。次世代を担うゲームクリエイター発掘を目的に2018年に設立された。初開催となった2018年は全国から100以上のエントリーがあり、1次審査、予選大会を経て、決勝大会での最終プレゼンテーション審査にて各賞を決定した。

 日本ゲーム大賞2019「U18部門」では、レベルファイブ代表取締役社長・CEOの日野晃博氏、CANVAS理事長/デジタルえほん代表取締役社長/慶應義塾大学教授の石戸奈々子氏、Gzブレイン ファミ通.com編集長の三代川正氏の3名が決勝大会の審査員を務める。

 作品応募は3月29日午後8時まで、Webサイトにて受け付けている。1次審査は4月、予選大会は6月9日に東京の会場で行われる。決勝大会は、2019年9月12日から15日まで幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2019にて開催される。

 すでにある作品も応募可能で、予選大会ではプロのゲームクリエイターから作品に対する講評を直接聞くことができる。予選大会通過後に、審査員のアドバイスをもとに作品をブラッシュアップすることも可能。

 作品のテーマ指定はなく、自由な発想で、独創性あふれるゲームを募集している。応募資格や作品基準など詳細はWebサイトで確認できる。

◆日本ゲーム大賞2019「U18部門」
エントリー方法:Webサイトにて受け付けている
エントリー&作品受付:2019年3月29日20:00まで
1次審査:2019年4月
予選大会:2019年6月(東京)
決勝大会:2019年9月(幕張メッセ)
※応募資格や作品基準など詳細はWebサイトで確認できる
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)