【高校受験2019】新潟県立高入試、英語リスニングでトラブル

 新潟県教育庁は2019年3月6日、2019年度(平成31年度)新潟県立高等学校入学者選抜の「英語の聞取り検査」において、2校でトラブルがあったと発表した。巻総合高校の受検者232人全員の聞取り検査問題を正答とするほか、小出高校の受検者は該当問題を正解として対応する。

教育・受験 中学生
新潟県
  • 新潟県
  • 学力検査の時間割(全日制)
 新潟県教育庁は2019年3月6日、2019年度(平成31年度)新潟県立高等学校入学者選抜の「英語の聞取り検査」において、2校でトラブルがあったと発表した。巻総合高校の受検者232人全員の聞取り検査問題を正答とするほか、小出高校の受検者は該当問題を正解として対応する。

 新潟県立高校の一般選抜は、3月6日に学力検査を実施。3時限目の英語において、放送による「聞取り検査」が行われた。

 巻総合高校では、放送による「英語の聞取り検査」の開始後、音声が途切れ、聞取り検査を中止。小出高校では、本来2回繰り返して放送されるべき問題が、1回しか放送されないという不具合があった。

 新潟県教育庁では、トラブルを受け、巻総合高校の受検者に対しては232人全員の聞取り検査問題を正解として対応。小出高校の受検者については、167人全員の当該問題を正答とする。

 また、今回の対応については、全教科の学力検査終了後、各校長から受検者に説明があったという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)