プログラミング学習アプリ「GLICODE」授業用コース・キットを提供

 江崎グリコは2019年3月28日、ポッキーを使用して楽しみながらプログラミングを学習できるスマートフォン用アプリ「GLICODE(グリコード)」において、新たに授業用コース・キットの提供を開始したことを発表した。

教育業界ニュース 教材・サービス
GLICODE
  • GLICODE
  • GLICODE
  • 学習用ポッキーセット
  • スマイルグリコのキャラクター「ハグハグ」
  • 「GLICODE」使用イメージ
  • 授業中のようす(墨田区立業平小学校)
  • 授業中のようす(柏市立大津が丘第一小学校)
 江崎グリコは2019年3月28日、ポッキーを使用して楽しみながらプログラミングを学習できるスマートフォン用アプリ「GLICODE(グリコード)」において、新たに授業用コース・キットの提供を開始したことを発表した。

 「GLICODE」は、ポッキーを使用して楽しみながらプログラミングを学習できる無料アプリ。キャラクターをゴールに向けてナビゲートする、というシンプルなゲームをベースとし、ルールにしたがってお菓子を並べることでキャラクターの動きをプログラミングする。これにより、誰でも手軽に遊びながら、「SEQUENCE(順番に実行)」「LOOP(繰り返し)」「IF(場合分け)」などプログラミングのロジックを学習することができる。

 江崎グリコは、一般向けに提供しているGLICODEを大学有識者や教育現場の声を踏まえて改修し、授業用コンテンツを追加。GLICODEはこれまでに国内20校以上、シンガポールやタイの小学校でも課外授業に活用されてきたが、今回、千葉県・柏市立大津ケ丘第一小学校、東京都・墨田区立業平小学校、長野県・箕輪町立中部小学校の義務教育課程(総合的な学習、算数)でも活用された。

 さらに、2020年のプログラミング教育必修化に向けて、全国の小学校の先生が簡単にプログラミングの授業を実施できるよう、Webサイトに学習指導案を掲載。併せて、小学校の授業で使用できる学習用ポッキーセットも無料配布する。学習用ポッキーセットは先着50校の限定配布で、なくなり次第受付を終了する。応募条件の確認や応募は、Webサイトにて行える。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)