大学生向けに「e-シェアモビ」の利用促進、日産と大学生協が協力

 日産自動車は2019年4月11日、カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」のサービス拡充の一環として、大学生協事業連合と共同で大学生向けのサービス利用促進を行うと発表した。

生活・健康 大学生
日産 e-シェアモビ
  • 日産 e-シェアモビ
  • 日産 e-シェアモビ
日産自動車は4月11日、カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」のサービス拡充の一環として、大学生協事業連合と共同で大学生向けのサービス利用促進を行うと発表した。

NISSAN e-シェアモビは、EVとe-POWERのみを使った、電動駆動車によるカーシェアリングサービスだ。毎日、清掃やメンテナンスされた『リーフ』や『ノートe-POWER』の上位グレードを提供。電動駆動車ならではの力強い加速感が味わえるほか、最新の運転支援機能も搭載し、運転に慣れない利用者も安心して利用できる。

多くの大学生は、在学中に教習所に通い、免許証を取得する。近頃は免許を取得した後に運転機会が少ないまま社会に出る人も多く、久しぶりに運転する際に不安を感じたり、慣れない運転で事故を起こしてしまう危険もある。そこで、日産は大学生協事業連合と連携し、大学生に向けた「e-シェアモビ」の利用促進を行い、自動車の運転機会を創出する。

今回、大学生にとってより身近に利用できるよう、キャンパスや居住エリアから近く、利便性の良い駐車場エリアのステーションを活用し、対象の大学生には一定時間、無料で利用できるクーポン券を特典に設定する。まずは、既に近隣でステーションを開設している東京都、神奈川県内の大学生協で入会促進活動を始め、今後ステーション数の多い東名阪エリアを中心に順次、各大学生協へ拡大を予定している。また、4月下旬からは『セレナe-POWER』を追加予定。多人数乗車で荷物の多い際に便利なミニバンタイプを追加し、幅広いニーズに応える。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)