アンケートのrespon、富士通の学修支援「CoursePower」と連携

 レスポンが提供する教育機関向けリアルタイムアンケートシステム「respon(レスポン)」は、富士通の「FUJITSU 文教ソリューション Unified-One 学修支援 CoursePower V2」とのシステム連携を発表した。連携による新サービスは、2019年10月にリリース予定。

教育業界ニュース 教育ICT
(左)respon、(右)CoursePower V2「グループトーク画面」
  • (左)respon、(右)CoursePower V2「グループトーク画面」
  • CoursePower V2「学習行動の可視化・分析画面」
 レスポンが提供する教育機関向けリアルタイムアンケートシステム「respon(レスポン)」は、富士通の「FUJITSU 文教ソリューション Unified-One 学修支援 CoursePower V2」とのシステム連携を発表した。連携による新サービスは、2019年10月にリリース予定。

 2015年に大学等の教育機関向けにサービスを開始した「respon」は、教室の中で教員と学生との双方向コミュニケーションを実現するツール。学生は専用のスマホアプリを使って、教員が作成したアンケートに回答。アンケートの集計結果は、即座に教室のプロジェクターに投影したり、各学生のスマホで閲覧するなど、学生同士で相互評価することができる。昨今、注目されている「アクティブラーニング」を実現するツールとして、また、教室内での出席確認のツールとして多くの大学で導入されており、2015年にはeラーニングアワード・アクティブラーニング部門賞を受賞するなど高い評価を得ている。

 一方、教育・研究・事務・図書館など、大学運営を全学的に支援するソリューションを幅広く提供する富士通は、長年培った豊富な運用ノウハウから「CoursePower」を開発。豊富な教育・学修データを蓄積・活用することで、それを情報戦略へと拡大できる学修支援サービスで、学生数が数百人規模から数万人規模の大学まで全学的な教育基盤として採用されている。

 「respon」は、「授業中の学び」を活性化する「リアルタイム」に特化したツールとして多くの大学等で活用されている一方、「授業の事前学習・事後学習」を支援するためのシステムとして「LMS(Learning Management System)」を導入している大学も数多くある。LMSは、学習資料の共有やレポートの提出、成績管理などを行うことができ、「respon」と「LMS」を併用することで、授業前から授業中・授業後のすべての学習を一貫してサポートすることが可能になるという。

 このたび、「respon」と富士通のLMS「CoursePower」は、システム連携を行うことを決定。同じアカウントで双方のシステムを利用できるようになるほか、ユーザや授業情報の共有、「respon」のアンケートの集計結果を「CoursePower」に取り込むといったことが可能になる。一般的なシステム連携にとどまらず、それぞれのサービスの特長を生かした連携サービスも新たに企画しており、ユーザである教員・学生の「学び」がより豊かになることを目指すという。連携によるサービスは10月にリリース予定。

《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)