【GW2019】10連休中の公共交通機関、予約状況は好調…国交省まとめ

 国土交通省は2019年4月19日、大型連休中の公共交通機関の予約状況を発表した。

生活・健康 その他
主要空港周辺のレンタカー予約状況
  • 主要空港周辺のレンタカー予約状況
  • 各航空会社の予約率
  • 新幹線の予約率
  • 主要な空港アクセスバス、主要貸切バス業者の予約状況
国土交通省は4月19日、大型連休中の公共交通機関の予約状況を発表した。

今年のゴールデンウィークは4月27日から5月6日まで10連休となる。国土交通省では、期間中の公共交通機関の予約状況について、主要な公共交通機関にヒアリングし、各交通モード横断的に予約率をまとめた。

自動車分野では、主要な空港へのアクセスバスや観光地へ行くための貸切バスなどは、まだ予約が取りやすい状況。主要空港周辺のレンタカーについては、連休の半ばに予約が集中しており、特に新千歳空港、福岡空港の周辺では非常に混雑している状況。

鉄道分野では、JR各社の新幹線は下り方面を中心に4月27日、28日がピークとなっており、一部路線で予約率が70%を超えている。上り方面は5月3日~5日の予約率がやや高い状況。しかし、全体としては他の交通機関と比較するとまだ空きがあり、連休後半の予約率はほぼ60%を下回っている。

航空分野では、国内線は連休前半の下り方面で予約率90%を超える航空会社が多い。連休後半の上り方面は一部の航空会社で予約率90%を超えているものの、少し空きがある。国際線は連休前半の日本発便、連休後半の日本着便で予約率90%を超える航空会社が多い状況。

旅客船分野は内航定期旅客船は、連休前半を中心に90%を超えるなど非常に高い予約率となっているが、連休後半では一部の航路で予約率が80%を下回っており、空きがある状況。外航定期旅客船(福岡~釜山線)は、連休前半の福岡発便、連休後半の福岡着便で予約が非常に多い。

10連休中の公共交通機関、予約状況は好調 国交省まとめ

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)