国内外の玩具3.5万点を展示「東京おもちゃショー2019」6/15-16

 日本玩具協会は2019年6月15日・16日の2日間、国内最大規模の玩具見本市「東京おもちゃショー2019」を東京ビッグサイトで開催する。2019年も引き続き“おもちゃで世界を笑顔に”をテーマに、国内外の企業190社が約3万5,000点のおもちゃを展示予定。入場無料。

趣味・娯楽 未就学児
東京おもちゃショー2019
  • 東京おもちゃショー2019
  • 東京おもちゃショー2018 会場内のようす
  • 東京おもちゃショー2018 会場内のようす
  • 東京おもちゃショー2018 展示ブースのようす
  • 東京おもちゃショー2018 キャラクターショーのようす
 日本玩具協会は2019年6月15日・16日の2日間、国内最大規模の玩具見本市「東京おもちゃショー2019」を東京ビッグサイトで開催する。2019年も引き続き“おもちゃで世界を笑顔に”をテーマに、国内外の企業190社が約3万5,000点のおもちゃを展示予定。入場無料。

 東京おもちゃショーは、2019年で58回目を迎える国内最大規模の玩具見本市。毎年国内外から多くの出展企業が集まり、一般消費者のみならず多くのバイヤーも訪れる。2018年には国内146社・海外51社、計197社が出展し、約3万5,000点のおもちゃを展示。バイヤー約2万人、一般約14万人、あわせて16万190人が来場したという。

 出展企業は、東京おもちゃショーの開催にあわせて最新玩具や各社一押しの商品を出品する傾向にある。2018年開催時は、世界中でヒットした「サプライズトイ」、知育玩具の「STEM」、ゲームの「周年」、女の子向け玩具の「ヘアアレンジ遊び、メイキング、変身、お世話」などが注目を集めた。2019年も今までにない革新的な商品、トレンドをとらえた商品、定番商品などが集結するため、最新のおもちゃやトレンドがわかるという。

 2019年は、国内150社・海外40社、計190社による約3万5,000点のおもちゃの展示が予定されている。会場には、おもちゃの枠にとらわれず「子どもたちをとりまく衣食住」にスポットを当てて展開する「キッズライフゾーン」も設置。自動車メーカー、建設会社、大学、自治体など、多岐にわたる18企業・団体が参加を予定している。

 さらに、ショーに先駆けて6月11日に発表される「日本おもちゃ大賞2019」の受賞商品も会場内の特別スペースで展示。注目の最新玩具を一度に見ることができる。入場は無料。会場内には飲食可能ブースや休憩ブース、授乳・オムツ替えスペースも用意される。一部のブースではおもちゃの物販も行なっており、家族で1日楽しむことができる。

◆東京おもちゃショー2019
日時:2019年6月15日(土)9:00~17:00、16日(日)9:00~16:00
会場:東京ビッグサイト 西展示棟1~4ホール(東京都江東区有明3-11-1)
対象:一般
入場料:無料
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)