コドモン、公立保育所向けICT実証実験用プログラムを提供…最大1年間無料

 コドモンは2019年5月9日より、コドモン自治体実証実験用プログラムを提供する。公立保育所でのICT導入を検討する自治体について、最大1年間コドモンの全機能を無料で使用できる。

教育業界ニュース 教育ICT
コドモン
  • コドモン
  • コドモン導入イメージ
  • コドモン導入イメージ
 コドモンは2019年5月9日より、コドモン自治体実証実験用プログラムを提供する。公立保育所でのICT導入を検討する自治体について、最大1年間コドモンの全機能を無料で使用できる。

 コドモンは、保育園や幼稚園で働く先生と保護者に対して、子どもたちと向き合うゆとりを持ってもらうための各種支援ツールを提供するSaaS(ネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組み)。2019年4月末時点で全国11自治体との間で導入契約を締結しており、導入準備中を含めると50自治体を超えるという。

 施設向けには、一元化された園児情報の上で成長記録や指導案などを記録する機能のほか、アプリを使った保護者とのコミュニケーション、事務処理を省力化するための登降園管理や職員シフトの作成などを支援する機能を提供。保護者向けには、専用アプリを通して施設との連絡機能のほか、子どもの成長管理や写真アルバム、保育料の支払い支援といったサービスを展開している。

 5月9日より提供を開始した「コドモン自治体実証実験用プログラム」では、公立保育所でのICT導入を検討する自治体について、最大1年間コドモンの全機能を無料で使用できる。全国の公立保育所におけるICT導入の有用性を検証してもらうことが目的。また、公立保育所のICTサービス導入をスムーズにして、さらなる保育の質向上を迅速に実現するため、社会貢献活動の一環として取り組む。

 導入後の効果については、実施後の職員・保護者双方への実態調査を行い、後日データを公表する。今後のICT導入の是非をはじめ、プロポーザル/入札時の募集要項や必要機能の選定に活用できる。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)