子どもを交通事故から守る「二次点検プロセスの推進」全国の警察に通達

 滋賀県大津市の交差点で、追突した車両が信号待ちしていた園児や保育士に突っ込み、2人が死亡する事故が発生したことなどを受けて、警察庁は2019年5月13日、子供を交通事故から守るための二次点検プロセスの推進を全国の警察に通達した。

生活・健康 未就学児
通学路(イメージ) (AC)
  • 通学路(イメージ) (AC)
  • 警察庁
滋賀県大津市の交差点で、追突した車両が信号待ちしていた園児や保育士に突っ込み、2人が死亡する事故が発生したことなどを受けて、警察庁は5月13日、子供を交通事故から守るための二次点検プロセスの推進を全国の警察に通達した。

信号機のある交差点で、右折しようとする乗用車と直進しようとする乗用車が出会い頭に衝突し、その衝撃により、直進しようとした普通乗用車が交差点の歩道上で信号待ちをしていた幼児をはねる交通死亡事故が発生した。

各都道府県警察では、次代を担う子供のかけがえのない命を社会全体で交通事故から守るため、危険箇所を発見するための二次点検プロセスを推進してきた。

今回、子供が巻き込まれる事故が相次いで発生していることから、警察庁は過去5年間、子供が当事者となった交差点での重大事故のうち、一次点検で道路交通環境の改善を図ることとなったものを、2019年度の二次点検プロセスの対象とする。同時に、道路管理者と連携して幼稚園や保育園に通う幼児の安全を確保する対策の必要性について検討・実施するなど、子供を交通事故から守るための二次点検プロセスを適切に推進し、交通安全の確保に向けた道路環境の改善に取り組むよう各都道府県警察に求めている。

子供を交通事故から守る取り組み---全国の警察に通達 警察庁

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)