キッザニア、新パビリオン「ゲーム会社」7月オープン

 KCJ GROUPと任天堂は、子どもの職業・社会体験施設「キッザニア」に任天堂がオフィシャルスポンサーとして出展予定のNintendo Laboを活用した「ゲーム会社」パビリオンのオープン日を決定。キッザニア甲子園では2019年7月12日、キッザニア東京では7月16日にオープンする。

趣味・娯楽 未就学児
キッザニア「ゲーム会社」パビリオン内装(イメージ)
  • キッザニア「ゲーム会社」パビリオン内装(イメージ)
  • キッザニア甲子園「ゲーム会社」パビリオン外観(イメージ)
  • キッザニア東京「ゲーム会社」パビリオン外観(イメージ)
  • キッザニア「ゲーム会社」ユニフォーム(着用イメージ)
 KCJ GROUPと任天堂は、子どもの職業・社会体験施設「キッザニア」に任天堂がオフィシャルスポンサーとして出展予定のNintendo Laboを活用した「ゲーム会社」パビリオンのオープン日を決定。キッザニア甲子園では2019年7月12日、キッザニア東京では7月16日にオープンする。

 「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」は、段ボールとNintendo Switch、ゲームソフトを組み合わせて、ピアノや釣り、バイク、ロボットなどさまざまなコントローラーに変身させて遊ぶことができる工作キット。任天堂は、Nintendo Laboを活用した新パビリオン「ゲーム会社」を7月12日よりキッザニア甲子園、7月16日よりキッザニア東京に出展する。

 「ゲーム会社」パビリオンでは、ゲーム会社で働くゲームクリエイターとしてNintendo Laboを活用し、ゲームを遊ぶための新しいコントローラー“Toy-Con(トイコン)”を開発。子どもたちは、Nintendo Switchに搭載された“Joy-Con”というコントローラーの仕組みについて学習したあと、ほうきやヘルメットなど身の回りにあるアイテムと組み合わせて、ジャイロセンサーを活用した新しいゲーム操作方法を考える。自分で考えたオリジナルのコントローラーとプログラムを組み合わせ、テストプレイを通じ、ゲームクリエイターとしての発想力やチャレンジすることの大切さを学ぶことができる。

 対象は3歳から15歳。給料は8キッゾ(キッゾはキッザニア内で使える専用通貨)。所要時間は各回約40分。定員は各回6名。

◆新パビリオン「ゲーム会社」
オープン日:
<キッザニア甲子園>2019年7月12日(金)第2部(16:00~21:00)
<キッザニア東京>2019年7月16日(火)第2部(16:00~21:00)
所要時間:各回約40分
対象:3~15歳
募集人数:各回6名
給料:8キッゾ
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)