修学支援新制度、高校生向けWebサイト開設…予約申請は7月まで

 文部科学省は2019年6月3日、高校生向け修学支援新制度に関するWebサイトを開設した。制度や支援の対象の説明、手続きの方法、スケジュールなどを掲載。2020年4月より支援を受けるには、6・7月に予約採用の申請を行う必要がある。

教育・受験 高校生
文部科学省 高校生向け「高等教育の修学支援新制度」Webサイト
  • 文部科学省 高校生向け「高等教育の修学支援新制度」Webサイト
  • 「高等教育の修学支援新制度」手続きのスケジュール
 文部科学省は2019年6月3日、高校生向け修学支援新制度に関するWebサイトを開設した。制度や支援の対象の説明、手続きの方法、スケジュールなどを掲載。2020年4月より支援を受けるには、6~7月に予約採用の申請を行う必要がある。

 低所得世帯の学生に対し大学・短大・高等専門学校などの授業料減免や給付型奨学金を拡充する「大学等における修学の支援に関する法律案」が2019年5月に成立し、2020年4月より「高等教育の修学支援新制度」としてスタートする。

 新制度で支援の対象となるのは、世帯の収入の要件に合う学生。進学前の明確な進路意識と強い学びの意欲、進学後の学修状況をしっかりと見極めたうえで支援を行う。また、高校などの成績が一定の水準を下回っていても、レポートや面談などでしっかりとした「学修の意欲」を確認できれば支援を受けることができる

 自身が対象となるかどうか、高校生は保護者などに相談しながら調べるよう勧めている。Webサイトでは保護者向けの情報として、支援対象となる学生、支援を受けられる年収目安と支援額、申込みに係る要件などを掲載。また、支援の対象となるか、どのくらいの支援を受けられるかは、日本学生支援機構(JASSO)のWebサイトでシミュレーションすることができる

 手続きのスケジュールによると、高校3年生の夏までに本人からの予約採用の申請が必要となる。自身が支援の対象となる場合、高校から関係書類を受け取り、学校の先生と相談しながらインターネットでJASSOに申し込む。申請期間は7月までだが、受験生本人と保護者のマイナンバーの提出が必要なため、早めに準備をしておくこと。

 なお、進学先の大学等は、給付奨学金の対象校として国や自治体の確認を受けた大学等(確認大学等)であることが必要。確認大学等は、9月中下旬に国や自治体から公表される。採用候補者決定の通知は、12月ごろを予定している。

 採用候補者は4月の入学後、JASSOへ進学届けを提出。授業料と入学金の減免の手続きは、進学時に進学先の学校で行う。奨学金の振込みは4月または5月。なお、現在大学等に在学している人は、秋以降に手続きが始まる。

 Webサイトでは、Q&Aのほか、もっと詳しく知りたい人に向けたリンク集も掲載している。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)