スマートシッター、昭和女子大と提携…大学生ベビーシッター開始

 ポピンズグループの「スマートシッター」は2019年6月20日より、昭和女子大学と提携し「大学生ベビーシッター」インターンシップ制度を開始する。大学生に共働き家庭の子育てと仕事の両立について学ぶ機会を提供し、利用する家庭にも「預ける」以上の価値を提供する。

生活・健康 その他
昭和女子大学 インターンシップのようす
  • 昭和女子大学 インターンシップのようす
  • スマートシッター
  • 昭和女子大学
 ポピンズグループの「スマートシッター」は2019年6月20日より、昭和女子大学と提携し「大学生ベビーシッター」インターンシップ制度を開始する。大学生に共働き家庭の子育てと仕事の両立について学ぶ機会を提供し、利用する家庭にも「預ける」以上の価値を提供する。

 「大学生ベビーシッター」インターンシップ制度は、提携先の大学内で参加したい学生を募集し、ポピンズが運営する「ナニー検定」を受講後、ナニー検定4級を取得した学生を実際に共働き家庭へベビーシッターとして派遣する制度。ベビーシッターと利用者をつなぐ「企業サポート型ベビーシッターマッチングサービス」を提供するスマートシッターが、新たな制度として開始する。

 大学生には、共働き家庭の子育てと仕事の両立について学ぶことで、将来、自分たちが社会に出て職業を選択し家庭を持つ際のイメージを持つ機会を提供する。ベビーシッター業務開始から4か月後には、企業や社会で責任あるポジションについている女性の団体「JAFE」会員との交流会への参加も予定されており、子育てと仕事を両立して活躍する女性から直接話を聞いたり相談する機会を持つことで、学生のスキルアップとキャリア形成に役立ててもらうねらいがある。

 また、利用家庭にとっては、子どもが自身の将来像としてイメージしやすい年代である大学生を家庭に迎え入れることで、ベビーシッターに「預ける」以上の価値を得ることができるという。参加する大学生は、全員ポピンズが運営する「ナニー検定4級」を取得、座学・実習・研修を受講するため、シッター業務の面でも安心して利用することができる。なお、利用家庭と参加学生の間には必ずスマートシッターが入るため、万が一トラブルが発生した際はスマートシッターが責任をもって対応。年末年始を除く朝8時~夜9時にはサポート窓口が、緊急時には365日対応する。

 シッティング対象は小学1~6年生。送迎や宿題サポート、英語指導などがおもなシッティング内容となる。利用は、スマートシッターWebサイト内にある大学生ベビーシッター専用ページから検索し、要望に合った大学生を選択。料金は1時間2,160円(税込)~で、大学生には時給1,512円~が支払われる。利用方法の詳細などはWebサイトで確認できる。

 スマートシッターは、今後提携大学を増やし、より多くの大学生や子育て家庭のサポートをしていきたいとしている。

◆「大学生ベビーシッター」インターンシップ制度
シッティング対象:小学1~6年生
シッティング内容:小学生の送迎、宿題サポート、英語指導など
利用方法:スマートシッターWebサイト内にある大学生ベビーシッター専用ページから検索し、要望に合った大学生を選択し予約。希望日時に利用者と大学生で面談を行い、問題がなければシッティングを開始。
利用料金:1時間2,160円(税込)~
※支払いはクレジットカード払い
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)