第3回「未来の先生展2019」9/14・15…学校教育考える記念鼎談も

 国内最大級の教育イベント「未来の先生展2019」が2019年9月14日・15日の2日間、明治大学・駿河台キャンパス リバティタワーにて開催される。講演やワークショップ、ポスターセッション、ブース展示など、300以上のプログラムが開催される予定。開催記念鼎談も行われる。

教育業界ニュース イベント・セミナー
未来の先生展2019 記念鼎談
  • 未来の先生展2019 記念鼎談
  • 未来の先生展2019
  • 開催概要
 国内最大級の教育イベント「未来の先生展2019」が2019年9月14日・15日の2日間、明治大学・駿河台キャンパス リバティタワーにて開催される。講演やワークショップ、ポスターセッション、ブース展示など、300以上のプログラムが開催される予定。開催記念鼎談も行われる。

 「未来の先生展」は、多領域・他分野横断型の学びの実現を目的とした、国内最大級の教育イベント。2017年の初開催から多くの現役教師や教育系NPO、教師を志望する学生、企業のCSR担当者など幅広い層が来場し、2018年には2日間で3,000人を超える人が参加した。今回が3回目の開催となる。

 2019年のテーマは「不易流行。改めて、21世紀における教育を考える」。「未来の先生展」が目指す多領域・他分野横断型の学びが不易流行の教育を紡ぎ出し、未来へまなざしを向けることで日本の教育を多面的に彩ることを願い、教室での講演やワークショップ、ポスターセッション、ブース展示など、合計300~350のプログラムが実施される。

 当日は「未来の先生展2019」の開催を記念し、「『これまでの学校・これからの学校』―学校教育における不易流行をつむぎ出す―」をテーマとした記念鼎談も開催。東京都千代田区立麹町中学校・工藤勇一校長、明治大学・土屋恵一郎学長、立命館アジア太平洋大学・出口治明学長の3名が登壇する。

 そのほか、さまざまな学び・教育の形を一望できる展覧会「未来の先生展2019 記念エグジビジョン」では、新時代の学びや多種多様な学びが体験できるセッション、個人・団体による幅広い学びや教育実践、プロダクト展示・発表など、100を超えるプログラムが行われる。

 チケットは、前売券が一般3,000円、学生1,500円。当日券は、一般4,000円、学生2,000円。高校生以下は前売券・当日券とも無料。チケット購入で2日間のイベントすべてに参加できる。チケットは、Webサイトから購入可能。プログラムのタイムテーブルなど、詳細は7月中旬ごろWebサイトに掲載予定となっている。

◆未来の先生展2019
日時:2019年9月14日(土)・15日(日)10:00~18:00(開場9:45)
会場:明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー(東京都千代田区神田駿河台1-1)
対象:日本全国の教員および教育関係者、教育に関心のある人
チケット:
<前売券>一般 3,000円、学生 1,500円
<当日券>一般 4,000円、学生 2,000円
※高校生以下無料、チケット購入で2日間参加可能
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)