英検、第1回二次試験B(7/7実施)合否結果の閲覧開始

 日本英語検定協会は2019年7月16日、Webサイトで「英検2019年度第1回二次試験」B日程の合否結果閲覧サービスを開始する。団体責任者向けは正午以降、個人(英ナビ!会員)向けは午後1時以降に公開予定。

教育・受験 高校生
日本英語検定協会「英検」
  • 日本英語検定協会「英検」
  • 英検IDとパスワードについて
 日本英語検定協会は2019年7月16日、Webサイトで「英検2019年度第1回二次試験」B日程の合否結果閲覧サービスを開始する。団体責任者向けは正午以降、個人(英ナビ!会員)向けは午後1時以降に公開予定。

 二次試験B日程は、1級~3級の一次試験合格者および一次免除の出願者に対し、7月7日に本会場で実施。1級の二次試験のみ札幌、仙台、横浜、東京、新潟、名古屋、京都、大阪、広島、福岡、那覇の11都市で実施した。なお、4級と5級には二次試験はない。

 二次試験B日程の合否結果・成績表の閲覧サービスは、7月16日正午以降(団体責任者)・午後1時以降(英ナビ!会員)に開始。従来の合否結果閲覧サービスは、7月17日午前10時以降に開始する。

 なお、合否結果の閲覧には、英検ID(本人確認票・個人成績表に記載されている11桁の数字)とパスワード(本人確認票・個人成績表に記載されている4~6桁の数字)が必要。英ナビ!で合否結果を閲覧するには、会員登録(無料)をする必要がある。事前に会員登録すると、スムーズに合否結果を閲覧できる。

 2019年度の実施予定について、第2回は受付期間が8月1日~9月12日(書店は9月6日締切)、本会場での一次試験が10月6日、二次試験が11月3日(A日程)と11月10日(B日程)。第3回は受付期間が11月22日~12月12日(書店は12月6日締切)、本会場での一次試験が2020年1月26日、二次試験が2月23日(A日程)と3月1日(B日程)。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)