小中学生の約9割が「ムダ毛気にする」処理の相談先は?

 貝印・テスティー調べによると、小中学生の87.9%が自分のムダ毛を気にしており、その約半数がムダ毛処理の情報収集や相談先は「親」と回答していることが明らかとなった。

生活・健康 小学生
自分のムダ毛について現在気になっている、もしくは過去に気になった経験はあるか(貝印・テスティー調べ)
  • 自分のムダ毛について現在気になっている、もしくは過去に気になった経験はあるか(貝印・テスティー調べ)
  • ムダ毛が気になったきっかけ(貝印・テスティー調べ)
  • 現在ムダ毛処理をしているか、もしくは処理をしてみたいと思っているか(貝印・テスティー調べ)
  • ムダ毛処理を始めた時期(貝印・テスティー調べ)
  • ムダ毛処理について誰かに相談したり情報収集したりしたことはあるか(貝印・テスティー調べ)
 貝印・テスティー調べによると、小中学生の87.9%が自分のムダ毛を気にしており、その約半数がムダ毛処理の情報収集や相談先は「親」と回答していることが明らかとなった。

 「脱毛に関する調査」は、全国の小中学生の女性を対象に実施。2019年6月18日から19日に調査を実施し、190名の有効サンプルを得た。

 自分のムダ毛について現在気になっている、もしくは過去に気になった経験はあるか聞いたところ、87.9%が「はい」と回答。気にし始めたきっかけは、1位「夏場に露出の多い服を着たとき」61.1%、2位「プールの授業」「周りの友人と比べて多い気がした」同率50.3%という結果だった。

 ムダ毛を気にしていると回答した167名に、現在ムダ毛処理をしているか、もしくは処理をしてみたいと思っているか聞いたところ、71.3%が「現在ムダ毛処理をしている」、21.0%が「まだ処理をしたことはないが、やってみたいと思っている」と回答。ムダ毛を処理したことがある127名に、ムダ毛処理を始めた時期について聞いたところ、「小学校高学年くらい」40.9%、「中学1年生くらい」35.4%と、小学生の終わりから中学生にかけてムダ毛処理を始める小中学生が多いことがわかった。

 ムダ毛に関する悩み解決の手段について聞いたところ、「親に相談した」が48.5%と約半数を占め、「インターネットで調べた」34.7%、「SNSで調べた」26.3%が順に続いた。貝印はこの調査結果を受け、「インターネットやSNSには誤った情報も存在するため、両親は子どもが気にし始めるタイミングに備え、しっかりと正しいムダ毛処理の知識をつけることが大切です」とコメントしている。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)