JTB旅いく、全国7か所「ご当地おにぎりマイスターチャレンジ」

 JTBは2019年8月22日午後2時より、おにぎり協会、全国の米農家、五ツ星お米マイスター精米店とタイアップした食育プログラム「ご当地おにぎりマイスターチャレンジ」の販売を開始した。全国7か所で、手刈りでの稲刈りやご当地おにぎりを味わうことができる。

趣味・娯楽 未就学児
JTB旅いく「ご当地おにぎりマイスターチャレンジ」
  • JTB旅いく「ご当地おにぎりマイスターチャレンジ」
  • ご当地おにぎりマイスターチャレンジ(イメージ)
  • ご当地おにぎりマイスターチャレンジ(イメージ)
  • ご当地おにぎりマイスターチャレンジ(イメージ)
  • ご当地おにぎりマイスターチャレンジ(イメージ)
  • ご当地おにぎりマイスターチャレンジ(イメージ)
  • ご当地おにぎりマイスターチャレンジ(イメージ)
 JTBは2019年8月22日午後2時より、おにぎり協会、全国の米農家、五ツ星お米マイスター精米店とタイアップした食育プログラム「ご当地おにぎりマイスターチャレンジ」の販売を開始した。全国7か所で、手刈りでの稲刈りやご当地おにぎりを味わうことができる。

 JTB「旅いく」は、全国各地で子どもたちの健やかな成長を促すホンモノ体験の商品開発と地域住民による体験プログラムの自走運営支援を行っている。今回、日本の食料自給率、米の年間1人あたりの消費量の低迷を背景に、「未来に残したい日本の食」を改めて考える機会を提供することを目的とした、子どもなら誰でも1度は口にしたことがある「おにぎり」がテーマのオリジナルプログラムを企画。おにぎり協会、全国7か所の米農家、東西2つの五ツ星お米マイスター精米店と連携し、新プログラムとして販売を開始した。

 「ご当地おにぎりマイスターチャレンジ」は、お米のプロである五ツ星お米マイスターが選んだ「こだわりの米」を育てる全国6県7か所の田んぼを舞台に開催。おにぎり1つに使う「お茶碗1杯のごはん」ができるまでがわかるクイズや、手刈りでの稲刈り、地域ごとの食文化の歴史を垣間見ることのできるご当地おにぎりづくりなどを体験し、「ごはんの旬」を五感で味わう機会を提供する。

 稲刈りしたお米はお米のプロが精米し、ご当地おにぎりレシピ、子どもたちが作った商品カードと一緒にオリジナルラベルシール付きの新米ギフトとして参加者に送付。プログラム参加後、親子で改めて日本の食文化のすばらしさ、お米のおいしさを実感できる食育プログラムとなっている。

 開催日程は、9月22日~10月27日の期間で場所によって異なる。場所は、新潟県十日町市、新潟県三条市、茨城県筑西市、神奈川県小田原市、長野県佐久市、滋賀県長浜市、奈良県大和郡山市の7か所。販売価格は、プログラムにより親子ペアで9,800円~2万3,500円。3歳以上の子どもから参加できる。各プログラムの詳細は旅いくのWebサイトから確認可能。申込みWebサイトにて受け付けている。

◆ご当地おにぎりマイスターチャレンジ
開催日:2019年9月22日(日)~10月27日(日)の指定日(場所により異なる)
場所・お米:
1:新潟県十日町市池谷入山集落「魚沼産コシヒカリ山清水米」
2:新潟県三条市下田地区大平集落「三条おおだいら産コシヒカリ」
3:茨城県筑西市大嶋農場「ミルキークイーン」
4:神奈川県小田原市志村屋米穀店「はるみ」
5:長野県佐久市長野創造社「五郎兵衛米」
6:滋賀県長浜市「きぬむすめ」「魚のゆりかご水田米」
7:奈良県大和郡山市アイビーファーム「ひのひかり」
対象:3歳以上の子どもを持つ家族
定員:プログラムにより異なる
価格:親子ペア9,800円~親子ペア2万3,500円(プログラムにより異なる)
申込方法:旅いくのWebサイトから申し込む
※各プログラムの詳細はWebサイトから確認できる
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)