【センター試験2020】出願開始は9/30、河合塾が「出願ガイド」掲載

 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は2019年8月30日、2020年度入試情報に「2020年度センター試験出願ガイド」を掲載した。9月30日より始まるセンター試験の出願について、出願方法や書類の書き方、出願後に確認することなどをまとめている。

教育・受験 高校生
河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」
  • 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」
  • 2020年度センター試験出願ガイド(一部)
  • 2020年度センター試験出願ガイド(一部)
 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は2019年8月30日、2020年度入試情報に「2020年度センター試験出願ガイド」を掲載した。9月30日より始まるセンター試験の出願について、出願方法や書類の書き方、出願後に確認することなどをまとめている。

 2020年度大学入試センター試験は、2020年1月18日と19日に実施。現行の「大学入試センター試験」は今回が最後となる。志願票など出願に必要な書類が入っているセンター試験の「受験案内」は、現役生は学校経由、既卒生などは個人で直接取り寄せる。出願期間は9月30日から10月10日まで(最終日消印有効)。出願に先立って払い込む必要がある検定料は、10月10日までに支払う。

 Kei-Netの「2020年度センター試験出願ガイド」では、「出願の前に」「出願書類の書き方」「出願時に決めること」「出願後に確認すること」の4つのポイントを掲載。受験生のセンター試験出願をサポートする。

 たとえば、センター試験検定料と払込方法について、検定料の一覧や払込書イメージ図などで説明。注意点として、受付局の日附印が必要なため「ATM(現金自動預払機)は絶対に利用せず、必ず受付窓口で払い込むこと」、払込み後は「必ず『受付局日附印』が押されていることを確認すること」をあげている。

 また、出願後に大学入試センターから送られてくる「確認はがき」のチェックリストも掲載。確認はがきの表示に誤りがある場合や内容を訂正する場合の方法は、Webサイトで確認できる。訂正期間は11月5日までと非常に短いため、確認はがきを受け取ったら、記載内容に誤りがないかすぐに確認することを勧めている。

 Kei-Netの2020年度入試情報では、センター試験に関する情報のほか、入試難易予想ランキング表や新設大学・増設学部・学科一覧、2020年度入試変更点一覧、小論文・総合問題出題概要一覧なども掲載している。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)