スタジオアリス、台風・豪雨で被災した「罹災写真」を無償復元

 スタジオアリスは2019年9月20日より、台風や豪雨で被災し、スタジオリスで撮影した写真を消失・損傷した人を対象に「罹災写真復元サービス」を無償で実施している。2007年以降にスタジオアリスで撮影・購入した写真が対象。

生活・健康 その他
スタジオアリス
  • スタジオアリス
  • スタジオアリス
 スタジオアリスは2019年9月20日より、台風や豪雨で被災し、スタジオリスで撮影した写真を消失・損傷した人を対象に「罹災写真復元サービス」を無償で実施している。2007年以降にスタジオアリスで撮影・購入した写真が対象。

 3連休に沖縄から九州地方にかけて激しい雨と風をもたらした台風17号や、千葉県を中心に停電や家屋損壊など甚大な被害をもたらした台風15号、猛烈な雨で佐賀県や福岡県に多くの浸水被害をもたらした8月の大雨など、2019年も全国各地で台風や豪雨による災害が発生している。また、中国・四国地方を中心に270名を超える死者・行方不明者を出した「平成30年7月豪雨」なども、いまだ災害の爪痕を色濃く残している。

 スタジオアリスでは、「『写真』に深く関わる企業としてお客様の思い出や成長の記録など“未来の宝もの”である『写真』をお手元に持っていていただきたい」との願いから、スタジオアリスで撮影・購入した写真で罹災したものを対象に無償で復元する取組みを開始した。

 対象は、2007年以降(一部2005年以降)にスタジオアリスで撮影・購入した写真で、台風や豪雨により消失・損傷した写真。9月20日より、全国のスタジオアリス各店舗で電話にて受け付けている。なお、撮影時期によっては復元できない場合もあるため、個別に問合せのうえ確認してほしい。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)