グルーヴノーツ、教育機関向け「AI教育支援サービス」提供

 グルーヴノーツは2019年9月24日、教育機関向けの「AI教育支援サービス」の提供を開始した。学校や塾において、実社会で役立つAIを子どもたちが実践で学ぶ環境づくりをサポートする。

教育ICT 先生
グルーヴノーツはテクノロジーと遊ぶアフタースクール「TECH PARK(テックパーク)」を運営している
  • グルーヴノーツはテクノロジーと遊ぶアフタースクール「TECH PARK(テックパーク)」を運営している
  • 最新のAIを触れて学べる教育環境づくりをサポートする
  • 「AI教育支援サービス」教育コンセプト
  • 「AI教育支援サービス」AIの学び方
 グルーヴノーツは2019年9月24日、教育機関向けの「AI教育支援サービス」の提供を開始した。学校や塾において、実社会で役立つAIを子どもたちが実践で学ぶ環境づくりをサポートする。

 グルーヴノーツは、3,600社以上のAIモデルを構築した国内有数の実績を有する。また世界で初めて、量子コンピューターの商用サービス化に成功している。このような技術力を生かし、実ビジネスで使用されるAIを小学生から使えるAIプログラミングキット「AIブロック」として独自開発して提供している。

 また、テクノロジーと遊ぶアフタースクール「TECH PARK(テックパーク)」を運営。プログラミングやグラフィック、ファブリケーション(デジタル工作)、数学・アルゴリズムなどを組み合わせた幅広いアクティビティを各分野のプロフェッショナルが直接指導し、子どもたちの成長を支援している。

 「AI教育支援サービス」の教材・カリキュラムは、グルーヴノーツのテックリードや教育におけるさまざまな専門知識を持つテックパークの指導者が開発。子どもたちの理解度や習熟度を実際に評価しながら改良が重ねられ、楽しみながらより実践的なAIプログラミングを習得できるプログラムが完成したという。

 パソコン操作の基礎を身に付ける「エントリーカリキュラム」、プログラミングの基本を理解する「プログラミングカリキュラム」、AIの基礎を理解したうえでAIブロックを使ったプログラミングを学ぶ「AIカリキュラム」など、生徒の習熟度レベルに合わせた教材・カリキュラムを用意。テクノロジーを正しく使うためのリテラシーも習得できる。

 さらに、授業を実施する教員・講師向けのトレーニングラインアップも提供。生徒向け教材を使った模擬授業の実践などを通じて指導方法や技術ポイントを習得できるので、教員のIT指導力向上も支援する。

 「AI教育支援サービス」の詳細や導入に向けた問合せは、Webサイトの問合せフォームより受け付けている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)