200以上の演奏会「東京・春・音楽祭」3/13-4/18

 桜咲く春の上野を舞台にしたクラシック音楽の祭典「東京・春・音楽祭2020」が2020年3月13日から4月18日まで開催される。国内外一流アーティストによるオペラ、オーケストラ、室内楽、無料のミニ・コンサートなど200以上の演奏会を実施する。

趣味・娯楽 その他
東京・春・音楽祭
  • 東京・春・音楽祭
  • 公演一覧表(3月)
  • 公演一覧表(3月)
  • 公演一覧表(4月)
  • 公演一覧表(4月)
 桜咲く春の上野を舞台にしたクラシック音楽の祭典「東京・春・音楽祭2020」が2020年3月13日から4月18日まで開催される。国内外一流アーティストによるオペラ、オーケストラ、室内楽、無料のミニ・コンサートなど200以上の演奏会を実施する。

 「東京・春・音楽祭」は、街が桜色に染まり、花吹雪から新緑を感じるまでの間、街が華やかに変化するときの躍る心をクラシック音楽で祝いたいという思いから、2005年より開始されたクラシック音楽の祭典。東京文化会館、各美術館・博物館など上野公園の各施設を拠点に、200以上の公演を披露する。

 16回目の開催を迎える2020年は、ワーグナーのオペラを毎年1作ずつ演奏会形式で上演する「東京春祭ワーグナー・シリーズ」、大編成のオーケストラと合唱で贈る「合唱の芸術シリーズ」に加えて、読売日本交響楽団とのプッチーニの新シリーズがスタートする。このほか、無料のミニ・コンサートが楽しめる「桜の街の音楽会」、夜の博物館での「<ナイトミュージアム>コンサート」、誰でも指揮者になってオーケストラの指揮ができる体験型イベント「Conduct Us」なども実施する。

 「東京春祭 for Kids」では、バイロイト音楽祭との提携で「子どものためのワーグナー」を上演。カタリーナ・ワーグナー監修のもと、親しみやすくアレンジされた「トリスタンとイゾルデ」を楽しめる。さらに、子どものための絵本と音楽の会や音楽ワークショップ、公開リハーサルなど、さまざまな年齢を対象にクラシック音楽の魅力を伝える。

 各プログラムの参加にはチケットが必要(一部除く)。申込みは、「東京・春・音楽祭」Webサイトまたは電話、その他プレイガイドにて受け付ける。プログラムによって開催日時、会場、チケットの価格や発売日程(先行・一般)などが異なる。詳細はWebサイトにて確認が必要。

◆東京・春・音楽祭2020
日時:2020年3月13日(金)~4月18日(土)
会場:東京文化会館、東京藝術大学奏楽堂(大学構内)、旧東京音楽学校奏楽堂、上野学園 石橋メモリアルホール、国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、国立西洋美術館、上野の森美術館、東京キネマ倶楽部など
申込方法:「東京・春・音楽祭」Webサイトまたは電話、その他プレイガイドにて申し込む
※各プログラムの詳細はWebサイトにて確認できる
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)