【大学受験】英語民間試験の見送り決定、2024年度より導入

 萩生田文部科学大臣は2019年11月1日、2020年度から英語民間試験を活用して大学入試で英語4技能の評価を支援する「大学入試英語成績提供システム」の導入を見送ると発表した。新たな英語試験は、2024年度から導入予定。

教育・受験 高校生
文部科学省
  • 文部科学省
  • 大臣メッセージ(英語民間試験について)
 萩生田文部科学大臣は2019年11月1日、2020年度から英語民間試験を活用して大学入試で英語4技能の評価を支援する「大学入試英語成績提供システム」の導入を見送ると発表した。新たな英語試験は、2024年度から導入予定。

 従来の大学入試センター試験に代わり、2021年1月に実施される大学入学共通テストでは、英語4技能「読む・聞く・話す・書く」を測定するため、英語民間試験が導入される予定だった。英語民間試験を予定通り実施するかどうかに関しては、高校生をはじめ多数の人から、賛成・反対、さまざまな意見があった。

 英語教育充実のために導入を予定してきた英語民間試験を、経済的な状況や居住している地域に関わらず、等しく安心して受けられるようにするためには、更なる時間が必要だと判断し、今回は導入を見送ることとした。

 大学入試における新たな英語試験は、新学習指導要領が適用される2024年度から導入することとし、今後1年を目途に検討し、結論を出すという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)