JAXA、国際宇宙ステーションにスタジオ2020年開設

 バスキュールとスカパーJSAT、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2019年11月6日、国際宇宙ステーション(ISS)にスタジオを2020年に開設すると発表した。宇宙と地上でリアルタイムにコミュニケーションが楽しめる、双方向ライブ配信の開始を予定している。

デジタル生活 その他
イメージ図(今後の調整により、実際と異なる場合がある)
  • イメージ図(今後の調整により、実際と異なる場合がある)
  • 国際宇宙ステーション 宇宙メディア事業
  • きぼう宇宙放送局
  • リアルタイム双方向通信システム
 バスキュールとスカパーJSAT、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2019年11月6日、国際宇宙ステーション(ISS)にスタジオを2020年に開設すると発表した。宇宙と地上でリアルタイムにコミュニケーションが楽しめる、双方向ライブ配信の開始を予定している。

 バスキュールとスカパーJSATは、地上400km上空を秒速で周回するISSの日本実験棟「きぼう」を舞台に“宇宙の民主化”を促進し、JAXAとともにメディアプラットフォームの実現に向けて検討を開始した。

 バスキュールは、2020年以降のフェーズ1において、「きぼう」船内に番組スタジオ「The Space Frontier Studio KIBO(きぼう宇宙放送局)」を開設。国際宇宙ステーションに長期滞在する宇宙飛行士とともに、宇宙に設置されたディスプレイを介して宇宙と地上でリアルタイムにコミュニケーションが楽しめる、双方向ライブ配信の開始を予定している。

 きぼう宇宙放送局から届く番組は、スカパーJSATとともに、BSスカパー!やYouTube、SNSなどで放送・配信を予定している。国境のない地球を眺めながら、国も言語も世代も性別も違う人々が笑顔でつながりあう番組を目指し、プロジェクトに賛同するクリエイターとともに、世界中の人々に向けたコンテンツを企画していくという。

 宇宙からの双方向ライブ通信番組の配信、超高画質ライブ放送・配信は、世界初の取組み。JAXA理事で有人宇宙技術部門長の若田光一氏は、「今回のJ-SPARC共創活動における『宇宙メディア事業』は、これまでにない発想による民間主導のビジネスとして先駆けとなる試みであり、今後ますます広がるであろう『きぼう』の新たな使い方の一歩として期待しています」とコメントしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)