プログラミング専用子どもパソコン「IchigoDyhook」IOデータが発売

 アイ・オー・データ機器は、プログラミング専用子どもパソコン「IchigoDake」用のドッキングステーション「IchigoDyhook(PS-IJ1)」を発売する。プログラミングをするための5インチ型液晶モニターとキーボードがセットになっている。

教育ICT 小学生
IchigoDyhook(PS-IJ1)
  • IchigoDyhook(PS-IJ1)
  • IchigoDyhook(PS-IJ1)
  • 専用キャリングバッグ
 アイ・オー・データ機器は、プログラミング専用子どもパソコン「IchigoDake」用のドッキングステーション「IchigoDyhook(PS-IJ1)」を発売する。プログラミングをするための5インチ型液晶モニターとキーボードがセットになっている。

 「IchigoDyhook(PS-IJ1)」は、プログラミングをするための5インチ型液晶モニターとキーボードがセットになったプログラミング専用子どもパソコン「IchigoDake」用のドッキングステーション。

 本体は丈夫なプラスチック製で、単三電池4本で駆動可能。プログラミングだけでなくハードウェアも身近に感じてもらうことで、プログラミングへのハードルを下げたいという思いから、本体は半透明になっており、中の基板や構造が少しだけわかるようになっている。

 付属品の専用キャリングバッグは、チャック式で開けやすく、外側にはポケットがついている。小物も一緒に保管でき、ポケットの内側のネームポケットには名前を書いた紙や「IchigoDake」を入れることも可能。

 IchigoDakeは、子どもパソコン「IchigoJam」のコア部分を切り出した、丈夫で安価なコンピューター。子どもたちが1人1台持つことができ、筆箱に入れたりカバンに提げたりして持ち歩くことができる。

 IchigoDakeに「IchigoDyhook(PS-IJ1)」を接続することで、キーボード操作によりBASIC、JavaScriptでのプログラミングや、十字キー操作によるクエストスタイルのIchigonQuestプログラミングができる。また、「カムプログラムロボット」やドローンなど、IchigoDakeに対応した機器に接続してIchigoDakeに保存したプログラムで動かすこともできる。

 IO DATAの通販サイト「アイオープラザ」での「IchigoDyhook(PS-IJ1)」の販売価格は1万978円(税込)。2019年12月下旬に出荷予定。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)