甲子園歴史館「ライトスタンドVR」応援風景を疑似体験

甲子園歴史館は、VR(バーチャル・リアリティ)映像第5弾プロ野球「ライトスタンドVR」を12月10日(火)より追加する。

趣味・娯楽 小学生
甲子園歴史館にライトスタンドからの応援風景を疑似体験できる「ライトスタンドVR」登場
  • 甲子園歴史館にライトスタンドからの応援風景を疑似体験できる「ライトスタンドVR」登場
甲子園歴史館は、VR(バーチャル・リアリティ)映像第5弾プロ野球「ライトスタンドVR」を12月10日(火)より追加する。

プロ野球「ライトスタンドVR」は、阪神甲子園球場の様々な一面を圧倒的な臨場感で体感できるVR映像シリーズ第5弾だ。今回の映像は、360度カメラを駆使してプロ野球デーゲーム開催時に撮影。阪神タイガースファンで埋まるライトスタンドからの応援風景をスタンドにいるかのような臨場感溢れる映像で疑似体験できる。

映像時間2分38秒。専用の映像再生装置を装着し、あらかじめカメラで撮影した360度の映像を視聴する。引き続き、これまでに導入した「甲子園空中散歩」「高校野球入場行進VR」「プロ野球リリーフカー体感VR」「プロ野球グラウンド整備カー体感VR」、夏の高校野球 第100回記念大会「開会式VR」「決勝戦VR」も視聴できる。

設置場所は、2020年3月1日(日)まで甲子園歴史館1階入口右手付近VRコーナー、2020年3月3日(火)からは甲子園歴史館「甲子園ひろば」コーナーとなる。利用料は甲子園歴史館入館料(おとな600円、こども300円)に含まれる。甲子園歴史館の所在地は、阪神甲子園球場 外周16号門横。

甲子園歴史館にライトスタンドからの応援風景を疑似体験できる「ライトスタンドVR」登場

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)