見守りカメラとAIで交通事故危険度を推定…NECら実証実験

沖縄電力と日本電気(NEC)は12月16日、沖縄県うるま市内の通学路である安慶名交差点近くの電柱に見守りカメラを1台を設置し、映像からAIを用いて交通流データを分析することで、交通事故の危険度を推定する実証実験を開始したと発表した。実証期間は2020年2月まで。

デジタル生活 小学生
事故予測を分析する画面のイメージ
  • 事故予測を分析する画面のイメージ
沖縄電力と日本電気(NEC)は12月16日、沖縄県うるま市内の通学路である安慶名交差点近くの電柱に見守りカメラを1台を設置し、映像からAIを用いて交通流データを分析することで、交通事故の危険度を推定する実証実験を開始したと発表した。実証期間は2020年2月まで。

実証実験では、AIを活用し、電柱に設置した見守りカメラの映像から人や普通車、大型車を識別しながら、車種別車両走行台数や速度、歩行者交通量といった交通流データを収集・分析し、各時間帯における交通事故の危険度を推定する。

推定した危険度情報を「沖縄IoTプラットフォーム」を活用して外部に提供することで、自治体などが事故防止のためのインフラ整備や市民への注意喚起を検討する際のデータとして活用してもらう。

沖縄電力とNECは今後、交通流データに加え、交通事故データや学校・公共・福祉などの施設データ、各種イベント、気象データなどの情報も取り入れることで、予測精度向上を目指す。

見守りカメラとAIで交通事故危険度を推定 NECと沖縄電力が実証実験

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)