数検×LINE、数学学習コンテンツ2020年より順次提供

 日本数学検定協会は、LINEが社会貢献活動を担う財団として設立したLINEみらい財団と教育分野で連携していくことを発表した。数学検定のLINE公式アカウントで、数検の階級診断や計算問題などのコンテンツを2020年より順次提供していく。

教育・受験 小学生
 日本数学検定協会は、LINEが社会貢献活動を担う財団として設立したLINEみらい財団と教育分野で連携していくことを発表した。数学検定のLINE公式アカウントで、数検の階級診断や計算問題などのコンテンツを2020年より順次提供していく。

 LINEは、2012年より青少年のインターネット利用環境の整備に取り組み、社会貢献活動の一環として、学校や企業、自治体、政府機関などと協力し合いながら、情報リテラシー教育活動を展開してきた。2019年夏にはプログラミング教育にも着手し、子どもたちがデジタル社会で生きる力を養うことを支援している。これら一連の教育事業から得られた知見やノウハウを、LINEの社会貢献活動だけでなく社会に還元し、より広域的・永続的な活動とするため、2019年12月20日にLINEみらい財団が設立された。

 日本数学検定協会は、LINEみらい財団の事業「外部団体との連携プロジェクト」の一環として、LINEを活用した数学検定・数学に関する学習コンテンツを提供する。「外部団体との連携プロジェクト」では、日本数学検定協会を含む5つの教育関連団体とLINEみらい財団がそれぞれ連携し、学習用のLINE公式アカウントを設けて学習コンテンツを提供していく。

 数学検定のLINE公式アカウントでは、「ちょっと息抜き1日1数学」「選べる!計算問題」「おすすめ!数検階級診断」「検定・協会情報」といったコンテンツを2020年よりLINEユーザーを対象に順次提供する。また今後は、動画コンテンツなどのサービスを提供するとともに、LINEを利用した学習方法の研究も進めていくとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)