2020年最初の天体ショー「しぶんぎ座流星群」見頃は?

 三大流星群のひとつで、新年最初の天体ショーとなる「しぶんぎ座流星群」が2020年1月4日、活動のピークを迎える。極大時刻は4日午後5時ごろ、見頃となるのは5日未明から明け方の予想。条件のよいところでは、1時間あたり最大20個程度の流れ星が観察できそうだ。

生活・健康 その他
しぶんぎ座流星群と放射点(2020年1月5日午前3時ごろの東京の星空) (c) 国立天文台天文情報センター
  • しぶんぎ座流星群と放射点(2020年1月5日午前3時ごろの東京の星空) (c) 国立天文台天文情報センター
  • 2020年1月5日0時(東京)のしぶんぎ座流星群のシミュレーション (c) アストロアーツ
 三大流星群のひとつで、新年最初の天体ショーとなる「しぶんぎ座流星群」が2020年1月4日、活動のピークを迎える。極大時刻は4日午後5時ごろ、見頃となるのは5日未明から明け方の予想。条件のよいところでは、1時間あたり最大20個程度の流れ星が観察できそうだ。

 1年の最初を飾る「しぶんぎ座流星群」は、ペルセウス座流星群(8月)、ふたご座流星群(12月)と並ぶ三大流星群のひとつ。名前は、現在では存在しない「壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)座」という星座に由来している。国立天文台によると、毎年安定して多くの流星が出現するペルセウス座流星群やふたご座流星群と比べて、しぶんぎ座流星群は活発な活動期間が短く、流星の出現数は年によってかなりムラがある。

 2020年の極大時刻は、1月4日午後5時ごろの予測。アストロアーツによると、もっとも活動が活発になる4日の宵のころの時間帯は放射点が低いため、流れ星はほとんど見えない。観察できるのは5日の未明から明け方で、放射点がやや高くなり、上弦過ぎの月も沈むため少し見やすくなる。ただ、ピークから10時間ほど過ぎているため、数はかなり減ってしまうという。

 電波を使って流星を解析する流星電波観測国際プロジェクトによると、2020年のしぶんぎ座流星群の日本における観測条件は「まずまず」。ピーク時刻は悪条件だが、見頃となる1月4日夜半以降は月明かりの影響はなく好条件だという。国立天文台は、見える流星の数を「空の暗い場所で、1時間あたり最大20個程度」と予想している。

 流れ星は、放射点を中心に放射状に出現するが、放射点付近だけでなく、空のいたる方向に現れるため、観察する際はなるべく空を広く見渡すようにするとよい。寒さが厳しい季節であるため、防寒対策も欠かせない。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)