学習管理アプリStudyplusに新機能、生徒の変化を把握

 スタディプラスは2020年1月7日、教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」の新機能として、生徒の学習状況の把握をサポートする「Studyplus for School ASSISTANT」を提供開始したと発表した。新技術として特許も取得した。

教育ICT 先生
Studyplus for School ASSISTANTの概要
  • Studyplus for School ASSISTANTの概要
  • Studyplus for School ASSISTANT
 スタディプラスは2020年1月7日、教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」の新機能として、生徒の学習状況の把握をサポートする「Studyplus for School ASSISTANT」を提供開始したと発表した。新技術として特許も取得した。

 近年、学習塾をはじめとする教育現場では、人材不足を背景に、動画教材・AI教材といったデジタル教材が定着し始めており、先生が生徒を直接教える機会は減少傾向にある。その結果、先生と生徒との直接のコミュニケーションが少なくなり、生徒の学習状況を把握することが難しくなっているという。

 「Studyplus for School」は、学習管理アプリ「Studyplus」によって取得できる勉強の進捗度合いや蓄積された学習データを、教育事業者が生徒のサポートや分析などに活用できるサービス。現在、全国の学習塾・予備校約500校以上に導入され、先生と生徒のコミュニケーションの質向上をサポートしている。

 新機能「Studyplus for School ASSISTANT」は、生徒の学習時間や頻度といった学習情報を集計・グラフとして可視化し、「直近7日間で勉強時間が50時間以上の生徒」など任意で設定した条件に基づき、該当生徒を通知する。この機能により、先生は生徒の変化を即座に把握し、見逃すことなく適切なタイミングで生徒に声をかけられる。

 スタディプラスは、「Studyplus for School Assistant」で活用している、集計・可視化した生徒のあらゆる学習情報を、指定の条件に合致した場合に自動通知する技術について、特許権(特許第6627068号)を取得した。今後も学習データの活用による生徒ひとりひとりのモチベーション向上や、教育現場のデジタル化、働き方改革に取り組んでいくとしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)