朝起きるのがツラい人こそ使うべき「目覚まし時計」4選

朝起きるのがツラい、とにかく朝が来て欲しくないという人向けに、起きるのが楽しくなるような目覚まし時計をご紹介します。

生活・健康 高校生
朝起きるのがツラい人こそ使うべき「目覚まし時計」4選
  • 朝起きるのがツラい人こそ使うべき「目覚まし時計」4選
お正月休み明け、会社や学校がついに始まりました。
気持ちを切り替えてまたがんばろう!と頭では分かっているはずなのに、身体はまだまだ休み気分のままで朝起きるのがツラい、とにかく朝が来て欲しくない...。

そんな悩める人向けに、起きるのが楽しくなるような目覚まし時計をご紹介します。


ピストル型 目覚まし時計





この目覚まし時計、命中するまでアラームが止まらないのです。毎朝起きるだけで、射撃が上手くなるという、新しい特技を生み出してくれる優れもの。

Amazonで見る

NANDACLOCKY (ナンダクロッキー) アラームクロック 目覚まし時計 クロム







独りでに棚から落ちて、部屋中を走り回るという何とも元気な目覚まし時計。一人暮らしで孤独を感じている人にはペットのような愛着の湧く存在になるかもしれません。


Amazonで見る

nullie 二度寝防止 目覚ましマット 大音量 目覚まし時計 すぐに起きれる マットレスタイプ





そもそも手を伸ばせば届く位置に時計を置いているから、いつまでたっても起きれないのではないでしょうか。この目覚まし時計はマットタイプで、必ず立ち上がって5秒以上足を載せないとアラームが止まりません。思い切って布団から出てしまえば、あとはこっちの勝ちと言っても過言ではないでしょう。

Amazonで見る

改良版・サイレントバイブレーション 振動式目覚まし時計 シェイクン・ウェイク 消音アラーム腕時計





振動で起こしてくれる、腕につけるタイプの目覚まし時計。持ち運びが可能なので、朝だけでなく通勤中の電車で乗り過ごさないようにセットしておくという使い方も出来ます。寝不足の日でも、隙間時間を上手く使って睡眠時間を確保することが出来そうですね。


Amazonで見る

朝を制する者は一日を制す。たかが起床、されど起床です。その日一日を調子良く過ごすためにも、自分に合った起床方法をみつけてみてはいかがでしょうか。
《編集部@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)